logo

フュエルセル・エナジーとUTCパワーは主力電源の燃料電池ベンダで最高ランクとパイクリサーチ社が認定

米国の市場調査会社パイクリサーチ社は出版レポート「主力電源の燃料電池システムメーカ17社の戦略と実行評価:パイクパルスレポート-Pike Pulse Report: Prime Power Fuel Cells
Assessment of Strategy and Execution for 17 Leading Prime Power Fuel Cell System Manufacturers」のプレスリリースにおいて、燃料電池市場はいくつかの新しい市場傾向が現れており、その一つに「採用者が主力電源の据置型燃料電池の装置を借りるか買いとるか」というビジネスモデルの問題がある、との調査結果を発表しました。

据置型燃料電池の主力電源市場は、急速に成長している。住宅用以外の商用製品を提供する企業数は増加し、商用採用の関心も高まっている。住宅用市場は、ほんの数か月間、遅れているに過ぎない。米国の環境エネルギーなどのクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「主力電源の燃料電池システムメーカ17社の戦略と実行評価:パイクパルスレポート ー Pike Pulse Report: Prime Power Fuel Cells Assessment of Strategy and Execution for 17 Leading Prime Power Fuel Cell System Manufacturers」は、この早期市場で主要な位置を占める主力電源の燃料電池ベンダは、フュエルセル・エナジーとUTCパワーであると報告している。

「主力電源の燃料電池の市場は、市場成長の流動的で敏感な時期にさしかかっている。その重要な発展の最中に、いくつかの新しい市場傾向が立ち現われている。それは、『電子かハードウェアか』という、採用者が主力電源の据置型燃料電池の装置を借りるか買いとるかというビジネスモデルの問題である。それぞれの利点は、採用者によっても異なるが、おもしろいことに運用する企業の国によっても異なる。地域的な問題に関していうと、例えば日本の住宅向け市場のように、ある国向けに製品を開発している企業が数社ある場合がある。現在の段階ではある企業が先行していても、他の地域にその製品を売り込もうとする場合には大きな障害があるかもしれないのである」と、パイクリサーチ社の調査主任Kerry-Ann Adamson氏は語る。

この調査レポートは、フュエルセル・エナジーは、市場参入戦略、地域的な広がり、提携関係、大量生産と関連するシステムのコストダウンなどのすべての項目で高得点であった。この市場では、高品質の大量生産は標準的ではなく、フュエルセル・エナジーは市場需要に的確に対応することができるだろうとAdamson氏は語る。

二番目に高得点なのはUTCパワーで、戦略と実行が評価される。住宅向け主要電源燃料電池のメーカーで最高得点なのはクリアエッジ・パワーで、一点差でCeramic Fuel Cellsが続く。

この調査レポートは、主力電源の据置燃料電池デベロッパーの主要15社を評価し、市場参入戦略、製品のポートフォリオ、企業提携、革新、対象分野、市場シェア、価格、耐久性などの戦略や実施の12の項目について採点している。パイクリサーチ社の独自のパイクパルスメソドロジーを使って、この急速に成長する主力電源の据置燃料電池市場のデベロッパーを概説し、採点し、格付けして、相対的な長所と短所を分析して、市場参加者に提供している。


【調査レポート】
主力電源の燃料電池システムメーカ17社の戦略と実行評価:パイクパルスレポート
Pike Pulse Report: Prime Power Fuel Cells
Assessment of Strategy and Execution for 17 Leading Prime Power Fuel Cell System Manufacturers
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。