logo

ネットリサーチのノウハウを活かしたアンケートを設計、商品・サービスの理解促進に効果的なWebプロモーションを開始

~『Cross Research Connect』 提供開始のお知らせ~

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区 代表取締役社長:五十嵐幹)は、アンケートを活用して商品・サービスへの理解促進を図る、刷り込み型のプロモーション『Cross Research Connect(クロスリサーチコネクト)』の提供を、本日より開始いたします。

■ 『Cross Research Connect』提供の背景
 当社は2003年の創業時より、インターネットリサーチ事業を展開し、様々な企業のマーケティング課題の解決をサポートをしてまいりました。
アンケート形式で生活者の声を聞くネットリサーチは、設問や選択肢の設計によって回答率や設問内容の理解に差が生じます。その差が調査品質に影響を与えるため、調査設計は非常に重要となります。
また、ネットリサーチでは画面上で動画やURLなどの閲覧をしながらアンケートを進行させることができるなどの特長があります。
 今回提供する『Cross Research Connect』は、当社がこれまで蓄積したこの様な調査設計のノウハウを、Webプロモーションに応用したサービスです。
新たに専門部隊を編成し、プロモーションに適した複数のメディアと提携することで、のべ1,000万人の対象者を確保するなど、サービスの拡大に向けて注力しております。


■ 『Cross Research Connect』サービス概要
フェーズ①:ターゲティング
 「のべ1,000万人の会員DBからターゲット層へリーチ」
  ⇒提携メディアネットワークの中から、広告主がターゲットとする属性(年齢・性別・結婚など)の生活者を絞り込んで、ターゲティングメールを配信します。

フェーズ②:商品理解促進
 「アンケートを活用した商品・サービスの理解促進」
  ⇒“必ず読む”ことが必要となるアンケートの手法を活用して、広告主の商品・サービスの特徴を確実に理解させ、生活者の興味や関心を高めます。

フェーズ③:アクション促進
 「興味・関心度の高い生活者を誘導」
  ⇒商品・サービスに共感している生活者を広告主のランディングページへ誘導することで、アクション率の向上が期待できます。


■『Cross Research Connect』の特長
 ・商品/サービスの価値に対する理解促進
  ⇒リサーチ会社として培ってきたアンケート設計スキルを応用し、「商品を理解させる」ための効果的な表現と、導線設計を行う。

 ・プッシュ型でアプローチし、数万単位へ訴求
  ⇒広告主が接触したい生活者に対し、数万単位のターゲティングメールで訴求。対象の生活者は提携メディアの会員から抽出。

 ・意欲の高い生活者を見込客として誘導
  ⇒アンケートによって商品・サービスを理解した生活者を広告主ランディングページに誘導するため、高い確率での顧客化が期待できる。




【株式会社クロス・マーケティングについて】
株式会社クロス・マーケティングは、国内145万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を、主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


【会社概要】
会社名  :株式会社クロス・マーケティング リンク
所在地  :東京都中央区銀座8-15-2 銀座COMビル6F
設立   :2003年4月1日
公開市場 :東証マザーズ(証券コード:3629)
代表者  :代表取締役社長 五十嵐 幹
事業内容 :ネットリサーチ事業 Webマーケティング事業


◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先
 広報担当 大島 理香(おおしま りか)
 TEL : 03-3549-0603 FAX : 03-3549-0232
 E-mail pr-cm@cross-m.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。