logo

ボンネットのような大面積でも気泡が残りにくく貼りやすい、傷付き防止フィルム 3M(TM) カーラッピングフィルム スクラッチガード(エア抜けタイプ)


 住友スリーエム株式会社(本社:東京都世田谷区 代表取締役社長:ジェシー・ジー・シン)は、乗用車等の塗装保護を目的とした機能性フィルム、3M(TM) カーラッピングフィルム スクラッチガード(エア抜けタイプ)の販売を、7月11日より開始します。3M独自の特殊構造を持った粘着剤により、ボンネットのような大面積でも貼りやすい特性を備えています。

 広く利用されている3M(TM) カーラッピングフィルム スクラッチガードは、ボンネットやフェンダー等に貼ることで走行中の飛び石や石はねによる傷付き防止(チッピング対策)になるほか、摩耗や傷から生じる錆対策にも有効です。爪やキーによるドアハンドル周りの傷付き防止や、ドアエッジ、給油口のふたの保護にも効果的です。
無色透明のため貼った後の違和感がなく、ボディへの高い密着性から軽微な三次曲面にもよくなじみ、耐候性や耐摩耗性に優れていますが、ボンネットのような大面積にフィルムを貼る場合には一般的に気泡が入りやすく、今までは作業に手間がかかっていました。

 新発売の3M(TM) カーラッピングフィルム スクラッチガード(エア抜けタイプ)では、見た目が変わらない透明性や傷付き防止の特性はそのままに、3M独自の特殊構造を持った粘着剤により、貼り付け時に空気が抜けやすく、スピーディーにきれいな仕上がりを実現します。
3M(TM) カーラッピングフィルム スクラッチガード(エア抜けタイプ)は、当社が運営する3Mオンラインストア( リンク )で販売します。サイズは600mm×610mm、価格は4,200円です。
また、カーショップ、ボディショップ等の事業者向けとして、弊社指定の特約店を通じた販売も開始します。サイズは1220mm×30mです。


3Mは、3M社の商標です。


■画像4
自動車のキーを使ったデモンストレーション。鋭利な先端で突いても破断しないことから、耐チッピング性能に優れていることがよくわかる。(写真は、3M(TM) カーラッピングフィルム スクラッチガード)

■画像5
3M(TM) カーラッピングフィルム スクラッチガード(エア抜けタイプ)では、3M独自の特殊構造を持った粘着剤により、貼り付け時に空気が抜けやすく、スピーディーにきれいな仕上がりを実現します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。