logo

「ネットワークを見える化」する、侵入検知システム「Cisco ASAシリーズ」の構築運用サービス開始

株式会社レップワン 2011年07月11日 08時00分
From PR News

労働者派遣、ITサービス運用を主事業とする株式会社レップワン(Rep1 Corp、代表取締役:福田 兼児、本社:大阪市中央区本町1-1-3 本町橋西ビル9階)は、Cisco社のASAシリーズを使った、企業ネットワークの侵入検知システムの構築、運用サービスを開始しました。

企業ネットワークにおいて、「何が起こっているかわからない」というお悩みはとても多く聞かれます。
しかし、企業ネットワーク、ECサイトの防御は必須事項です。業界で求められる基準に応じた運用を行っていないネットワークは、今も脅威にさらされているといえます。
レップワンでは、ネットワーク管理者が「ネットワークを見える化」することで、講ずべきセキュリティや、IT投資の見定めをするためのお手伝いをいたします。

■Cisco ASAシリーズのご紹介
業界標準ともいえる、Cisco社が展開するファイアウォール製品です。ASAにモジュールを追加することによって、侵入検知(IDS)、侵入防御(IPS)、社内通信内容の把握を実現します。
通信状況を監視・解析し、通信ログを取得することによって、「いつ、だれが、どんなアクセスをしているのか」を見える化します。

Cisco ASAシリーズは、以下のようなファイアーフォールだけでは防ぎきれない脅威から、システムをしっかりと守ります。
・悪意のある者からの不正アクセス
・DoS攻撃、DDoS攻撃
・侵入のためのポートスキャン
・ワーム、トロイの木馬などのウイルスによるOSやアプリケーションの脆弱性に対する攻撃
・悪質なソフト(ファイル交換ソフト)による通信

Cisco ASAシリーズにご興味をもたれた方は、以下のURLよりお気軽にお問い合わせください。
リンク

<費用例>
機器:ASA5510(※1)+AIP10
※1 冗長構成には別途ライセンスが必要です。
システムの規模:
・IPSスループットは150Mpps
・物理ポート1Gbps×2搭載
・小規模ネットワーク
価格:機器代+導入費 80万~150万円


■鋼鉄シリーズのご紹介
「鋼鉄」とは、レップワンが展開するITアウトソーシングサービスの名称です。鋼のように固く、安心でシンプルなサービス提供を行います。主に、売上300億円までの企業サイト、企業ネットワークの規模に特化した、サービス展開を行っています。

ASA構築・運用特設サイト
リンク

今後のサービス展開予定
・リモートアクセス(テレワーク支援):2011年7月公開
・ファイルサーバ:2011年8月公開
・無線LAN:2011年8月公開

■セキュリティは運用が肝心!
ASAシリーズは比較的簡単に導入が可能ですが、セキュリティ実装は運用が肝となります。我々の導入経験から培ったノウハウで顧客の運用を預かり、システムを守り、伸ばします。また、できるだけシンプルなシステム構成、運用を行うことで、運用費用も下げることが可能になります。

■顧客層、費用、工数の明確化
既存業界の課題に我々は挑みます。
・多重請負構造(高コスト、企業体質)
・生産性(コミュニュケーションが足りないことによる意思疎通の欠如)
・シンプル(単純化、標準化の欠如)
レップワンは、中規模システムに特化したサービスを展開しております。
中規模システムに関することは、我々にお任せください。

PR Newsリリース詳細ページ リンク
提供元:PR News リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。