logo

アジア太平洋地域のスマートグリッド投資は2017年に1710億ドルを上回る

米国の市場調査会社パイクリサーチ社は出版レポート「アジア太平洋地域のスマートグリッド市場分析と予測:スマートメータとグリッドの自動化技術のビジネス成長促進要因、政策動向、標準化、主要関連企業 -
Smart Grid in Asia Pacific:Smart Meters and Grid Automation Technologies: Business Drivers, Policy Trends, Standardization, Key Industry Players, Market Analysis, and Forecasts
」のプレスリリースにおいて、アジア太平洋地域の電力会社や政府によるスマートグリッド技術への投資は今後数年間順調に伸びて、市場の総額は2011年から2017年に119億ドルから288億ドルまで増加するだろう、との予測結果を発表しました。

アジア太平洋地域のエネルギー市場は、電力需要の拡大と、より環境にやさしく効率の良い発電・送電・配電の新しいビジネスチャンスによって、大きな成長と普及の時期を迎えている。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「アジア太平洋地域のスマートグリッド市場分析と予測:スマートメータとグリッドの自動化技術のビジネス成長促進要因、政策動向、標準化、主要関連企業 ー Smart Grid in Asia Pacific:Smart Meters and Grid Automation Technologies: Business Drivers, Policy Trends, Standardization, Key Industry Players, Market Analysis, and Forecasts」は、アジア太平洋地域の電力会社や政府によるスマートグリッド技術への投資は、今後数年間順調に伸びて、スマートグリッド市場の総額は2011年から2017年に119億ドルから288億ドルまで増加するだろうと報告している。

「アジア太平洋地域のスマートグリッド市場の促進要因は、国毎に大きく異なる。中国市場の企業は、スマートグリッドの構築は、経済発展と、再生可能エネルギーと化石燃料の両方による発電容量の統合などのエネルギー配分の最適化のために重要なことであると考えている。日本の電力会社は、発電インフラに大きな投資をしてきており、送電インフラと配電サービスの能力が高いが、2011年3月の地震と津波による福島原子力発電所の事故によって、スマートグリッド計画のみならず、おそらくは日本の電力産業の方向性をも変えてしまうことになるかもしれない。韓国は、先進のスマートグリッドインフラを形成する技術のリーダーシップを、ITと通信分野に求めており、世界へスマートグリッド技術を輸出する機会をも模索している。オーストラリア、インドやASEAN諸国でも、大規模で影響力のあるスマートグリッド計画が進行している」とシニアアナリストのAndy Bae氏は語る。

アジア太平洋地域では、送電網の更新が最も大きなカテゴリーであり、2017年までのスマートグリッド投資の54%を占めるだろう。配電の自動化と高度計測インフラ(AMI)もまた重要であり、総投資額のそれぞれ18%と15%を占めるだろう。

この調査レポートは、アジア太平洋地域の主要市場におけるスマートグリッドの発展における市場促進要因、ビジネスモデルとアプリケーション、技術問題の分析を行っている。中国、日本、韓国、オーストラリア、インド、ASEANの詳細な市場予測と、主要な30社の企業概要を記載している。



【調査レポート】
アジア太平洋地域のスマートグリッド市場分析と予測:スマートメータとグリッドの自動化技術のビジネス成長促進要因、政策動向、標準化、主要関連企業
Smart Grid in Asia Pacific
Smart Meters and Grid Automation Technologies: Business Drivers, Policy Trends, Standardization, Key Industry Players, Market Analysis, and Forecasts
リンク


◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。