logo

モバイルバーコードスキャニング

B-Cでのモバイル作動とモバイル表示のソリューション

数百万の消費者が、スマートフォンカメラを使用して一次元(1D)や二次元(2D)のバーコードをスキャンしたり、店頭(POS)や購入時点、購入意思決定時点、入場時点、交信時点などに携帯電話や携帯デバイスの画面にバーコードを表示したりしている。特に消費者向けの商品や特典カードやギフトカードのパッケージに見られた従来型のUPC、EAN、リニアバーコードなどの1Dバーコードから、QRコード、マイクロソフトタグ、Aztecコード、データマトリクス、EZコードなどの新たな2Dバーコード記号形式まで、モバイルバーコードスキャニングのアプリケーションと利用は実に無限である。日本、米国などの世界中で、二次元バーコードは、ますますよく利用されるようになってきた。この調査レポートは、モバイルバーコードスキャニングのハイレベルの技術考察、市場傾向、アプリケーション事例、市場動向、消費者の利用傾向などを記載している。

【調査レポート】
モバイルバーコードスキャニング:B-Cでのモバイル作動とモバイル表示のソリューション
Mobile Barcode Scanning
Mobile-Activated and Mobile-Displayed Solutions in Business-to-Consumer Environments
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。