logo

KLab、中国のモバイルゲーム企業PiP社と業務提携

~‘明珠三国’などで登録者1000万人を超える、中国で一番人気のMMORPG企業とゲームの相互提供~

KLab株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:真田哲弥、以下、KLab)は、中国最大規模のモバイル向けMMORPG (Massively Multiplayer Online Role-Playing Game /同時多人数参加型ロール・プレイング・ゲーム)の開発・運営企業PearlinPalm Information Technology Ltd (北京掌上明珠信息技术有限公司・本社:中国・北京CEO: 高克家/KJ Gao、以下、PiP社)と業務提携を行います。

PiP社は、中国でトップクラスのモバイル・ソフトウェア開発・運営企業として、これまで100以上のモバイル向けゲームやアプリケーションを提供しており、代表作となるMMORPG「明珠三国」(※1)は中国で1000万人のユーザーに利用されています。
 今回の業務提携により、KLabはPiP社が提供する中国のNo.1モバイルオンラインゲーム「明珠三国」その他人気ゲームを日本国内で今秋より提供していきます。

スマートフォンの普及と共に世界のモバイルゲームの市場規模はさらに拡大が予想されていますが、中国でも2011年3月にはモバイルゲームユーザーが1.2億人を超え(2011年 易観国際社調べ )、その中でも、特に成長を期待されているのが、モバイルオンラインゲームといわれています。中でも歴史物をはじめとしたRPGが特に人気を誇っています。

KLabは、今回の提携を足掛かりとし、中国をはじめ急成長する海外のモバイルゲーム市場における事業展開を加速させていきます。また、良質なゲームの輸入も積極的に行い、日本国内のソーシャルゲーム事業の拡大を図ってまいります。


※1 「明珠三国」
PiP社 初のマルチプラットフォームのモバイルオンラインゲーム。(J2ME、Symbian、Android、iPhone、MKTなど) 魏、蜀、呉三国時代の英雄たちに挑戦し、三国の新しい歴史の扉を開いていく歴史RPGゲームです。

中国最大のゲームショウ‘China Joy 2010’で「最優秀モバイルネットゲーム」を獲得しました。

■PearlinPalm Information Technology Ltd について
明珠グループ(PiP) は、2003年7月に設立され、独立した三つの運営会社で構成されています。設立者たちは国内、海外のIT業界の専門家で、ソフト開発や管理業務に豊富な経験を持っています。これまでに数多くのモバイルゲームの開発・運営にも成功し、中国の市場に一流のサービスを提供しています。
最新の技術を持つグループ会社として、国内外の一流モバイルオンラインゲームの開発・運営・運用会社を目指しています。

関連情報
http://bit.ly/p0Ti2U
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。