logo

クロスランゲージと沖縄クロス・ヘッド、クラウド・サービス分野で協業



クラウド・サービス「CUMO platform」と高精度な機械翻訳サービスを組み合わせた
クラウド翻訳サービス「WEB‐Transer@クラウド」のサービス開始

株式会社クロスランゲージ(代表取締役:古賀 勝夫、本社:東京都千代田区、略記:クロスランゲージ)と沖縄クロス・ヘッド株式会社(代表取締役社長:渡嘉敷 唯昭、本社:沖縄県那覇市、略記:沖縄クロス・ヘッド)は沖縄クロス・ヘッドのクラウド・サービス「CUMO platform(キューモ・プラットフォーム)」をクラウド基盤とし、高精度な機械翻訳サービスを組み合わせたクラウド翻訳サービス「Web‐Transer@クラウド」を2011年7月1日からサービスを開始します。

【サービスの背景】
企業のグローバル化が急速に進む中、翻訳の必要性は大企業から中小企業へも広がってきました。
これまでクロスランゲージは大規模法人向けに翻訳サーバーの販売を行っていましたが、中小企業やSOHO、企業の部門単位で利用したいという要望が多くありました。
これまで大企業向けに提供してきた翻訳サーバーを、中小企業やSOHO、企業の部門単位でも導入しやすいように、沖縄クロス・ヘッドの「CUMO platform」を活用したクラウド方式で利用できる翻訳サービス「WEB-Transer@クラウド」のサービスを開始することにしました。
クラウド方式で提供することでサーバーの機器購入が不要になり、初期費用や運用コストも低価格で導入することが可能になります。

【クラウド翻訳サービスの機能の紹介】
英語、中国語、韓国語がセットとなっており、1,000万語の専門語辞書が利用できるほか、ユーザーが独自に辞書や文例集を作成できる機能が付属しています。さらに、マイクロソフトのエクセルやワード、パワーポイントのファイルも1クリックで翻訳することができる機能やWEBサイトの翻訳やPDF翻訳など高機能な翻訳ツールが用意されています。
 また、翻訳する速度も業界最速で、様々なシーンで活用いただける高精度翻訳サービスです。

【提供価格】
  初期費用5万円、年間6万円から利用が可能で、利用ユーザー数に関係なく、同時接続数ごとの価格のため導入しやすくなっています。7月30日までにお申し込みされたお客様には発売キャンペーンとして初期費用を無料とさせていただきます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。