logo

メラノックス社、FDR 56Gb/s InfiniBand ソリューションを発表し、妥協なきクラスタリングパフォーマンス、スケーラビリティを実現(詳細版) 【サーヴァンツインターナショナル株式会社】

米国カリフォルニア州サニーベール、イスラエル ヨクニアム(2011年6月20日)
データセンターにおけるサーバやストレージシステム向けにエンドトゥエンドの接続ソリューションを提供するトップベンダーであるメラノックステクノロジーズ社 (Mellanox(R)Technologies, Ltd., NASDAQ: MLNX; TASE: MLNX) は、アダプタカードからスイッチシステム、ソフトウェア、ケーブルに至るFDR InfiniBand (56Gb/s) 向けソリューションを発表し、完璧で強固なエンドトゥエンドFDR InfiniBandインフラストラクチャを提供する世界初の企業となりました。同社の次世代ConnectX(R)-3 FDR 56Gb/s InfiniBandアダプタ、SX-6000シリーズスイッチシステム、Unified Fabric Manager (UFM)、Mellanox OS (MLNX-OSTM)、ソフトウェアアクセラレータ、FDRカッパーおよび光ケーブルにより、最高レベルのネットワークパフォーマンスが発揮される一方で消費電力を最大限抑えたシステム構築が可能になります。同社が提供する製品を組み合わせることによって、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC)、金融機関、データベース、Web 2.0、仮想データセンター、クラウドコンピューティングなどさまざまな市場向けに対費用効率の高いネットワークトポロジーが提供されます。
メラノックステクノロジーズ社会長兼社長兼最高経営責任者のイアール・ワルドマンは“弊社の完璧なエンドトゥエンドFDRソリューションにより、業界最高のパフォーマンスを提供し、さらなるアプリケーションのアクセラレーションが可能となり、さまざまな市場に非常に重要な利益をもたらすことになります”と述べています。また、“弊社のFDR向けエンドトゥエンドソリューションは、クラスタ環境におけるサーバやストレージのインターコネクトのバンド幅、レイテンシー、消費電力、スケーラビリティ、システムの信頼性といった点で業界をリードしています。弊社はこの次世代InfiniBand製品を市場に供給することで、お客様にさまざまなメリットを提供させていただくことを楽しみにしております”とも述べています。

56Gb/sというFDR InfiniBandのスピードや、PCIe Gen3をサポートすることにより、ConnectX-3ではサーバのI/Oボトルネックが解消され、次世代サーバやストレージのI/Oスループットを2倍向上させることが可能となります。ConnectX-3ではレイテンシー、信頼性、スループット、スケーラビリティが大きく向上し、業界をリードするGPUやMPIのアクセラレーションエンジンがエンドトゥエンドFDR InfiniBandソリューションでサポートされており、PCIe Gen3ベースのシステムだけではなくPCIe Gen2ベースのシステムでも最高のパフォーマンス、レイテンシーを実現することが可能となります。TCP/UDP/IPトランスポートを使用したアプリケーションは、メッセージングアクセラレータソフトウェアVMAとの組み合わせにより、56 Gb/s FDR InfiniBand上で業界最高のスループットを実現するとともに、レイテンシーが非常に重要となるソケットアプリケーションのパフォーマンスを向上させることが可能となります。

メラノックスの第五世代で最高のパフォーマンスを発揮するスイッチシリコンIC SwitchXTMを使用したSX6000シリーズは1Uの機器でありながら、4Tb/s以上のノンブロッキングバンド幅、超低レイテンシーでのポート間通信を実現しています。SX6000シリーズにより、小規模はもちろん大規模クラスタでもスタティックまたはアダプティブルーティング、コンジェスチョンコントロール(輻輳制御)、ハードウェアベースの前方誤り訂正 (FEC)といった機能をサポートしています。これらMLNX-OSによって実現される機能により、ネットワークのホットスポットを解消し、最高レベルの信頼性が保証されることで、バンド幅がもっとも効率化されたファブリックの構築が可能となります。新たにハードウェアベースのInfiniBandからEthernetやFibre Channelへのルータ・ゲートウェイ機能がSXシリコンに内蔵されており、さらなるスケーラビリティ、コンバージェンスの実現が可能になります。SX6000シリーズは、高度なファブリック全体の監視、プロビジョニングを可能とするUnified Fabric ManagerTM(UFMTM)との組み合わせも可能です。UFMは論理的、仮想的にファブリック内のリソースを把握し、ファブリックに対するこれまでにない程の細かい監視を可能としアプリケーションのパフォーマンスや稼働時間の最適化を行います。並列計算はもちろん、コンバージドファブリックの環境で使用された場合でも、SX6000シリーズは業界最高のトラフィック転送能力も持ち、非常に簡単に1000ノードから数1000ノードまでスケールアウトするクラスタを構築することができます。SX6000シリーズは、価格対パフォーマンス、エネルギー対パフォーマンスに優れており、導入前コスト、導入後コストの削減が可能となり、最高の対投資収益率を実現します。

メラノックスのFDRパッシブカッパーならびにアクティブ光ケーブルはクラス最高のパフォーマンス、リンク信頼性を誇ります。最高5メートルまでのMellanox FDRパッシブカッパーケーブルは主にラック内接続用に使用され、対費用効果が高く、消費電力が少ない相互接続ソリューションを提供します。FDRアクティブ光ケーブルはより長い距離の接続用に設計され、大規模システムやスイッチの接続に使用されます。より信頼性に優れ、製品化にあたってさまざまなテストを行い、56Gb/sのリンクでビットエラーレート10-5以下という高い信頼性により、強固で完璧な相互接続ソリューションの実現が保証されます。

メラノックスのConnectX-3とSwitchXのエンドトゥエンドFDRソリューションにより、PCIe Gen3だけではなくPCIe Gen2サーバでも、対費用効果が高く、メッセージレートが高く、信頼性が高く、エネルギー消費を最大限に抑えた接続が可能となり、非常に特長のあるファブリックアーキテクチャを実現することができます。FDRのスループットとパフォーマンスはノンブロッキングアーキテクチャで最大の効果を発揮しますが、PCIe Gen2ベースのシステムの場合、オーバーサブスクライブアーキテクチャでパフォーマンス、消費電力、コスト性の改善を図ることも可能です。

出荷開始時期
ConnectX-3アダプタカード、FDRパッシブ・光ケーブル、SX6000シリーズはすでにサンプル出荷を開始しており、正式出荷は2011年後半を予定しています。より詳しい情報は、弊社ウェブサイトwww.mellanox.comでご確認いただけます。

関連情報
メラノックスFDR 56Gb/s InfiniBandスイッチ、アダプタカードリンク
リンク

メラノックスFDR 56Gb/sカッパー、光ケーブルリンク

メラノックスソフトウェア:スイッチ管理、ストレージファブリックリンク
リンク

Twitter、Facebookでメラノックスの最新情報をご確認くださいリンク
リンク

メラノックスについて
メラノックステクノロジーズ社は、サーバやストレージを対象にInfiniBandならびにEthernetのエンドトゥエンド接続ソリューションを提供するリーディングカンパニーです。メラノックス社の製品により、データセンターのパフォーマンスが最適化され、業界をリードするバンド幅、スケーラビリティ、低消費電力、高い対費用効率が可能になるとともに、複数のレガシーネットワークテクノロジーを将来性も考慮されたアーキテクチャに統合することも可能になります。メラノックス社はHPC、一般企業、メガウェアハウスデータセンター、クラウドコンピューティング、Internet、Web 2.0といったさまざまな市場向けに革新的な製品、ソリューションを提供しています。

Mellanox, BridgeX, ConnectX, CORE-Direct, InfiniBridge, InfiniHost, InfiniScale, PhyX, Virtual Protocol Interconnect, Voltaireはメラノックステクノロジーズ社の登録商標です。FabricIT, MLNX-OS, SwitchXはメラノックステクノロジーズ社の商標です。その他の記載された会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

----------------------------------------------------
正規代理店 問い合わせ先
----------------------------------------------------
会社名: サーヴァンツインターナショナル株式会社 (Servants International Corporation)
所在地:〒160-0022 東京都 新宿区 新宿 5-17-5 ラウンドクロス新宿5丁目 4F
Tel: 03-3232-5382/ Fax: 03-3232-5383
お問い合わせ: リンク
Email : sales-contact@servants.co.jp 
サーヴァンツ ホームページ: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。