logo

【2011年7月20日開催】キヤノンITソリューションセミナー「デフレ環境下で価格競争を優位に進めるために!」に参加します。

詳細は下記URLをご参照ください。
リンク


 日本における、サービス産業/労働生産性は米国の約4割~5割というデータに示されている通り、効率化が大きく立ち遅れているのが現状です。
 これまでの経験と勘を頼りにした工数見積・作業計画立案・工数配分などでは、近年のデフレ環境下の価格下落圧力に抗して、収益を確保することが益々難しくなってきています。
 本セミナーでは、科学的なアプローチ「数理技術」を活用し、サービス業のお客様の生産性向上について、事例を交えて、サービス作業計画の適正化についてご説明いたします。 
 インフォコムは、統合的な経営分析環境についてわかりやすく解説したうえで、ITを活用した精密な「予実管理」ソリューション、ならびに完全Web-ERP「GRANDIT(R)」をご紹介いたします。

完全Web-ERP「GRANDIT(R)」
リンク


【プログラム】
第一部 「数理技術を活用したサービス作業計画の適正化」
~生産性改善の成功事例ご紹介~
キヤノンITソリューションズ株式会社
デフレ環境下では、消費者向けサービスはもちろんのこと、企業向けサービスにおいても、価格下落の脅威にさらされています。 極力、品質は落とさずに、コスト削減するという、生産性向上が実現できれば、競争優位になり、シェアと収益を拡大することも可能となります。 生産性向上のために、サービス作業計画の適正化に焦点を当て、標準作業時間の決定、作業計画見直しのPDCA構築の重要性について、事例を交えてご紹介します。

第二部1. 生産性向上に寄与する作業管理
~勤怠から見た計画と実績~
三井造船システム技研株式会社
人的サービス業においては、作業者の人件費が、会社収益に直結するといっても過言ではありません。綿密に考えられた作業計画・人員計画・シフト計画等に基づいて、作業者を配置し、実際の作業がどれだけ掛かったのかを、PDCAサイクルで管理することが重要です。今回は、出退勤管理システム「TIME-3」をベースにその実現性についてご紹介します。

第二部2. 精密な予実管理で、さらなる利益確保
~統合的な経営分析環境について~
インフォコム株式会社
 サービス業界の収益向上には、人件費だけでなく、外注費、経費等、様々な費用の予実管理を、時には、受託業務単位・プロジェクト単位で、管理・分析しながら、ムリ・ムラ・ムダを排除していくことが必要です。そのためには、各業務システムがシームレスに稼働していることが不可欠となります。今回は、完全Webベースの統合型ERPパッケージ「GRANDIT(R)」が実現する、受託業務別・プロジェクト別原価管理を中心にご紹介します。


日時:2011年07月20日(水) 15:00~17:10(受付開始14:30)

場所:キヤノンITソリューションズ株式会社 本社 2階 研究室M
   東京都港区三田3-11-28
   リンク

参加費:無料 ※事前お申込が必要です。

お申込方法:下記をご参照ください。 ※外部サイトに移動します。
      リンク

定員:30名 ※定員に達しましたら募集を終了させていただきます。

主催:キヤノンITソリューションズ株式会社

協賛:インフォコム株式会社
   三井造船システム技研株式会社

問い合せ先:
インフォコム株式会社 製品・サービス事業本部 GRANDIT事業部 営業グループ
TEL:03-6866-3680

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。