logo

日本の再生・復興への貢献に向けて、フランス企業約20社が来日

« Initiative Japon III » イニシアティブ 日本 III 2011年7月5日~8日

東日本大震災以来、未だご苦労をされている被災者の皆様や関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げ`ます。

フランス企業振興機構/ユビフランスでは、震災後の日本の再生に求められている技術や製品を提供することのできるフランス企業を積極的にご紹介するため、《Initiative Japon/イニシアティブ日本》 を始動しました。この一連のアクションに対して「フランス輸出促進チーム」の在日機関は緊密に連携し、特に在日フランス商工会議所、フランス政府対外貿易顧問委員会の貴重な支援と協力の下に実現しました。

このアクションプランは3ヶ月に及ぶもので、原子力のリスク管理を中心に選ばれた10社による最初の来日ミッションが4月26日から28日にかけて行われました。続いて6月7日には、パリで日本の現状と各分野の状況を把握するためのセミナーが開催されました。その延長線上に、7月5日から8日にかけて、東京で新たな来日ミッションが行われます。

この最後のミッションではさらにテーマを拡大し、現在の日本のニーズに対応した製品・技術を提供するフランス企業約20社が結集します。その分野は、放射線防護、土木インフラ及び建材、産業・自然災害に対する予防措置と危機管理、環境、エネルギー、エレクトロニクス、さらに食品に及びます。
詳細は、リンクをご覧ください。

各参加企業が日本のパートナーとの実りある関係を発展させ、日本の持続可能な再建に貢献できることを願っております。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事