logo

インフォコム、クラウド型の名刺共有サービス「名刺BOX」体験キャンペーンを実施



~無料で気軽に利用でき、ケータイやスマートフォンからもアクセス可能~


詳細は、下記URLをご参照ください。
リンク



 インフォコム株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長 山本 員裕 以下 インフォコム)は、無料で気軽に始められるクラウド型の名刺共有サービス「名刺BOX(名刺ボックス)」の体験キャンペーンを7月1日(金)より開始いたします。


 インフォコムは、中期重点分野であるヘルスケア事業領域、サービスビジネス事業領域における新事業の立ち上げ加速に向けて、平成23年4月より新事業開発本部を設置し、成長事業創出の取り組みを強化しています。その一環として、セキュアな環境に守られた中で、精度の高い名刺情報を「いつでも・どこでも」簡単に利用する事ができる「名刺BOX」サービスを開始しました。

 この度、「名刺BOX」をより多くの方々にご体験いただくため、名刺登録代行のサービスを無料でご利用いただける「体験キャンペーン」を実施いたします。

 今後はご利用者の拡大に合わせてサービスの拡充を図るとともに、共有対象者管理等の運用管理機能をより充実させた企業/グループ向けサービス等を実施してまいります。


「名刺BOX」
リンク


【体験キャンペーン期間】 平成23年7月1日(金)から平成23年8月31日(水)まで


【通常の利用料と体験キャンペーン概要】
1.個人(フリー版)
 ・月額基本使用料:無料
 ・名刺登録料:無料
 ・登録代行料
   通常仕上:95円/1枚(※1)
   大量仕上:75円/1枚(※1)
 ・郵送料:1,500円(※2)
2.個人(プレミアム版)
 ・月額基本使用料:980円(※2)
 ・名刺登録料:無料
 ・登録代行料
   通常仕上:65円/1枚(※1)
   大量仕上:50円/1枚(※1)
 ・郵送料:1,500円(※2)
※1 体験キャンペーン期間中のご利用に限り、名刺登録代行料(通常仕上/大量仕上)とプレミアム版の月額基本使用料を無料とさせていただきます。
※2 郵送での名刺登録代行をご利用の場合には、郵送料を別途頂戴いたします。


【「名刺BOX」について】
 仕事やプライベートで日々増えていく名刺。確実な情報取り扱い管理が求められる昨今、クラウド型名刺共有サービス「名刺BOX」は、いつでも、どこからでも、PCのみならず、ケータイやスマートフォン等のあらゆる機器から安全にアクセスでき、外出先でも簡単に検索、管理が可能です。

 「名刺BOX」は全ての基本機能を無料でご利用いただけます。各々の名刺情報に共有対象者を設けることができるため、セキュリティを確保しながら同僚等と名刺情報を共有できます。また名刺の役職や部署等の更新情報もリアルタイムに確認できる等、グループ内での迅速な情報共有に役立ちます。更に登録した会社のニュースや、電車の乗換検索も行う事もでき、一つのサイトで効率的な情報管理を可能にします。



【「名刺BOX」の特長】
1.「無料」
全ての機能を無料でお使いいただけます。
名刺の登録代行サービスを有料オプションでご用意しています。
2.「安全・安心」
クラウド環境で情報を登録/検索しますので、名刺データを持ち歩き紛失するリスクがありません。登録したデータは暗号化され、当社所有のデータセンター※で安全に保管されます。
3.「便利」
役職名など名刺情報の内容が更新されたら、お知らせを受け、ワンクリックで情報が更新できます。携帯のみならず、iPhoneやAndoroid端末からもご利用いただけます。
4.「情報連携」
登録先へ訪問する場合の乗り換え案内や会社に関する記事が自動的に表示されます。外出先からの移動やお忙しい時の情報収集のお手伝いをします。



【ご参考】
■インフォコムデータセンター
最新の技術を駆使した仮想化基盤の強化を完了し、SaaS※型ビジネスを積極的に推進するとともに、システム運用に関するコストパフォーマンスの向上やグリーンIT化に対応する顧客を支援する仮想化ホスティングサービスも提供している。1,000m2 を超える大規模スペースの提供に加え、ITサービスマネジメントシステムに関する国際認証(ISO20000)を有した信頼性の高いシステム運用によるITフルアウトソーシングサービスを提供する。


【用語解説(五十音順)】
■SaaS
Software as a Serviceの略。ユーザーが開発者等からソフトウェア提供を受けるに当たり、必要な機能のみを選択してインターネットを経由して利用できるようにしたソフトウェアの事。

■クラウド
ネットワーク、特にインターネットをベースとしたコンピュータの利用形態。ユーザーはコンピュータ処理をネットワーク経由で、サービスとして利用する。従来のコンピュータ利用は、ユーザー(企業、個人等)がコンピュータのハードウェア、ソフトウェア、データ等を、自分自身で保有・管理していたのに対し、クラウドコンピューティングでは「ユーザーはインターネットの向こう側からサービスを受け、サービス利用料金を払う」形になる。インターネット経由の一般向けサービスを「パブリッククラウド」、業界内・企業内(ファイアーウォール内)等のサービスを「プライベートクラウド」と言う。インフォコムグループでは提供するクラウドサービスを「info-cloud(R)」と総称し、サービスの拡充に努めている。



<サービスに関するお問合せ先>
インフォコム株式会社
新事業開発本部 サービス事業開発部長  新須 哲郎
東京都渋谷区神宮前2-34-17
Tel:03-6866-3390
E-mail:cs@meishibox.jp
URL:リンク

<本リリースのお問合せ先>
インフォコム株式会社
広報・IR室長  松尾 宏治
東京都渋谷区神宮前2-34-17
Tel:03-6866-3160
E-mail:pr@infocom.co.jp
URL:リンク

※ 本リリースに記載された会社名、サービス名及び製品名等は該当する各社の登録商標または出願中の商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。