logo

ザイリンクスのZynq-7000ファミリ、仏パリのエレクトロン ドール賞でプロダクト オブ ザ イヤーを受賞

ザイリンクス社 2011年06月29日 11時26分
From JCN Newswire

Tokyo, June 29, 2011 - ( JCN Newswire ) - ザイリンクス社(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:XLNX)は6月23日(フランス時間)、6月16日にパリで開催されたフランスのエレクトロニクス産業界が毎年催しているエレクトロン ドール(Electrons d'Or)賞にて、ザイリンクスのZynq(TM)-7000エクステンシブル プロセッシング プラットフォーム(EPP)がプロダクト オブ ザ イヤーに選ばれたと発表した。プログラマブル ロジック部門において、ザイリンクスの 28nm のプログラマブル ロジック デバイスに ARM(R) デュアルコア Cortex(TM)-A9 MPCore(TM)プロセッシング システムを組み込むという業界初の快挙を達成したことが評価された。

今年14年目を迎えたエレクトロン ドール賞は、フランスのトップ業界誌である「ElectroniqueS」誌が主催しており、各カテゴリにおいてその年のもっとも革新的なプロダクトを13種類選出するものである。エレクトロニクス業界誌、業界新聞および www.ElectroniqueS.biz リンク サイトで取り上げられた製品のなかから、過去12カ月の間に業界に大きなインパクトを与えた製品が編集チームによって選出され、そのなかからエレクトロニクス業界のエキスパートからなる独立のパネラーが受賞製品を選出している。

ザイリンクスのZynq-7000 EPPは4種のシリコン デバイスで構成されるファミリで、ARM CortexA9 MPCoreプロセッサをベースとするシステム オン チップ(SoC)と28nmプログラマブル ロジックを統合した新しいカテゴリの製品である。いずれのデバイスもプロセッサをベースとしたシステムであり、プログラマブル ロジックをプログラムすることなく、リセット時にOSをブートすることが可能である。システム アーキテクトやエンベデッド ソフトウェア開発者が本製品を使用すると、高性能が求められるアプリケーションにおいて、ARMプロセッサによるシリアル プロセッシングと、プログラマブル ロジックによるパラレル プロセッシングを組み合わせることができるだけでなく、高いレベルで統合されていることによるコスト削減や、消費電力の削減、サイズ縮小も可能になる。また、プロセッサをベースとする従来型システムのユーザーは、プログラマブル ロジックによって、代替ソリューションではまだ実現できない新たなレベルの柔軟性とスケーラビリティを享受できるようになる。

「ElectroniqueS」誌の編集長であるフランソワ ゴーティエ(François Gauthier)氏は、「今年はさまざまな製品が登場し水準が極めて高いなか、ザイリンクスが権威あるエレクトロン ドール賞を受賞したことを発表できることをうれしく思っています。Zynq-7000 エクステンシブル プロセッシング プラットフォームが他の候補製品と比べて圧倒的に優れていた点は、シリコン ハードウェアを他に類のないかたちで合体させることによって、ハイエンド エンベデッド アプリケーション向けに特化したさまざまなメリットを実現したことです」と述べている。

ザイリンクスのプロセッシング プラットフォーム担当バイスプレジデントであるローレンス ゲットマン (Lawrence Getman) は、「我々は、今回の素晴らしい受賞を非常に誇りに思っています。ひとつのダイの上でプロセッサと FPGA を緊密に結びつけるという快挙を実現しているのは、現在のところザイリンクスだけです。プロセッシング システムとプログラマブル ロジックを緊密に統合することによって、システムの部品表や消費電力、サイズを削減できるだけでなく、この製品が『イノベーション エンジン』として働くことで革新的なアプリケーションの創出に貢献できます。また、エンベデッド システム市場での FPGA の従来型アプローチの適用範囲が大幅に広がることにもなります」と述べている。

業界初のエクステンシブル プロセッシング プラットフォーム ファミリである Zynq-7000 EPP は、柔軟でスケーラブルなソリューションとして高度なプロセッシング性能が要求されるエンベデッド システム向けに設計されている。ターゲットとするマーケットには、車載ドライバー アシスタンス、インテリジェント ビデオ監視、産業オートメーション、航空宇宙/防衛、放送機器、次世代無線機器などが挙げられる。適用アプリケーションに関する詳しい情報は、ザイリンクスのホワイトペーパー「エクステンシブル プロセッシング プラットフォーム(WP369:Webサイト リンク よりダウンロード)」を参照されたい。

ザイリンクスについて

ザイリンクス(NASDAQ:XLNX)は、プログラマブル プラットフォームのリーディング プロバイダーである。詳しい情報は Web サイト リンク で公開している。

※ザイリンクスの名称およびロゴ、Zynq、Artix、ISE、Kintex、Spartan、Virtex、その他本プレスリリースに記載のブランド名は米国およびその他各国のザイリンクスの登録商標または商標です。その他すべての名称は、それぞれの所有者に帰属します。

このプレスリリースに関するお問い合わせは下記へ
ザイリンクス株式会社
マーケティング本部 竹腰
東京都品川区大崎1-2-2 アートヴィレッジ大崎セントラルタワー4F
TEL: 03-6744-7740
FAX: 03-5436-0532

株式会社井之上パブリックリレーションズ
ザイリンクス広報担当 鈴木/関
東京都新宿区四谷4-34 新宿御苑前アネックスビル2F
TEL: 03-5269-2301
FAX: 03-5269-2305

下記のザイリンクス株式会社 Web サイトもご参照ください。
トップページ: リンク
プレスリリース(日本語): リンク
このリリースの全文は次のURLを参照のこと:
リンク

概要:ザイリンクス社

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事