logo

初めて『知覚過敏』を感じたのは平均「22歳」、7割が症状を防ぐための「対策をしていない」

グラクソ・スミスクライン株式会社 2011年06月28日 14時00分
From PR News

風邪薬の「コンタック」や歯磨き剤「シュミテクト」など、お馴染みの消費者向けブランドを有する英国系製薬企業グラクソ・スミスクライン株式会社(本社:東京都渋谷区、以下GSK)では、過去1年以内に知覚過敏の症状を感じたことがある女性(20~39歳)500人に対して、「知覚過敏」に関する意識調査をおこないました。

<調査概要>
調査対象:20~39歳 過去1年以内に知覚過敏の症状を感じたことがある女性 500人
調査期間:2011年5月30日~6月1日
調査方法:インターネット調査

■はじめて知覚過敏の症状を感じた年齢、平均「22歳」
「はじめて知覚過敏の症状を感じたのは何歳の時ですか?」と聞いたところ、平均は「22歳」。「24歳以下」と答えたのは59%と、6割にものぼりました。[グラフ1]
これまでに感じたことがある症状については、「アイスキャンデー(氷菓)を前歯で噛むと歯がしみることがある」が最も多く67%。以下、「氷の入った飲み物を飲む時に歯がしみることがある」(60%)、「歯を磨く時に歯がしみることがある」(29%)、「熱いものを食べると歯がしみることがある」(26%)、「風があたると歯がしみることがある」(26%)と続き、「歯がしみるのが気になり、食事を楽しめないことがある」という人も18%に上りました。
ちなみに、「アイスキャンデーを前歯で噛むと歯がしみることがある」と答えた人に、「アイスキャンデーを前歯で噛んで食べたいと思いますか?」という質問をすると、58%が「思う」と回答。「アイスキャンデーを前歯で噛んで食べたい」と思う人は多いことが分かりました。

■7割が症状を防ぐための「対策をせず」 その理由は「方法が分からない」「お金がかかる」
知覚過敏の症状を感じる女性はどのような対策をしているのでしょうか。「知覚過敏の症状を防ぐために、何か対策をしていますか?」と聞いたところ、70%が「していない」と回答。その理由としては、「対策方法が分からない」が最も多く58%。以下、「対策するほど悩んでいない」(31%)、「対策にお金がかかる」(26%)、「対策するのが面倒」(21%)、「対策しても治らないと思う」(15%)と続きました。[グラフ2] 「対策をしている」と答えた30%に「具体的な対策方法」について聞くと、「専用の歯磨き粉を使っている」(53%)、「丁寧に歯磨きをしている」(51%)、「歯科医院に通っている」(33%)となり、日々歯を磨く中で対策をしているという人が多いようです。

■日々の歯磨きの中で、簡単に知覚過敏の症状を防ぐ!「シュミテクト やさしくホワイトニング」
今回の調査では、知覚過敏の症状に悩みつつも、7割が「対策をおこなっていない」ということがわかりました。GSKから発売中の「シュミテクト やさしくホワイトニング」なら、日々の歯磨きの中で、知覚過敏を予防できます。また、「シュミテクト やさしくホワイトニング」には「改良ツインシリカ(清掃剤)」を配合しており、歯に沈着したステイン(着色汚れ)と歯垢をやさしく落とし、歯を自然な白さに戻します。
今回の調査対象者に「歯をもっと白くしたいと思いますか?」と聞いたところ、92%が「思う」と答えていることからも、女性の歯を白くしたいという意識の高さがうかがえます。[グラフ3] 簡単・手軽に「知覚過敏」の症状を防ぐための対策ができ、同時に歯を白くできる製品としておすすめです。

今年の夏は電力不足が懸念されており、オフィスや各家庭での節電が求められ、一層暑さを感じる夏となりそうです。冷たいものを口にする機会も増えるので、飲食したときに歯がしみたら、一度歯科医に診てもらうことをおすすめいたします。

今回の調査対象者のうち、16%が過去1年以内に「シュミテクト」シリーズを使用したことがあると回答。「シュミテクト」シリーズを使用された感想について聞くと、
「辛さがなくて歯磨きがしやすい。(39歳)」
「歯磨き粉の味が好き。(37歳)」
「辛みが少なく使いやすい。(37歳)」
といった回答があがり、味が良く使いやすいと感じる人は多いようです。

■「シュミテクト やさしくホワイトニング」製品概要
製品名:シュミテクト やさしくホワイトニング(医薬部外品)
製品特徴:知覚過敏で歯がシミるのを防ぎ、ステイン(着色汚れ)を除去
効能・効果:歯がシミるのを防ぐ、歯を白くする、ムシ歯予防
製造販売元:グラクソ・スミスクライン株式会社
発売元:アース製薬株式会社
希望小売価格:オープン価格(90g)/消費税別
販売先:全国の薬局・薬店、スーパー、ホームセンターなど
製品サイト:リンク


PR Newsリリース詳細ページ リンク
提供元:PR News リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。