logo

キージェネレーション、日本初のインターネットサービスプロバイダー比較システム「ISP HIKAKU Server 2.0」の販売を開始

キージェネレーション、日本初のインターネットサービスプロバイダー比較
システム「ISP HIKAKU Server 2.0」の販売を開始


報道関係者各位

2011年 6月28日
株式会社キージェネレーション
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      キージェネレーション、日本初のISP比較システム
       「ISP HIKAKU Server 2.0」の販売を開始
- ソーシャルメディアとの連携に対応した比較メディアの立ち上げを支援 -
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ウェブプロモーション、インターネットメディアを企画・開発・運営する株式
会社キージェネレーション(本社:東京都渋谷区 代表取締役:折重武司)は、
受託運営する『プロバイダー 引越+乗り換え比較』のサービス・システムをパ
ッケージ化した、インターネットサービスプロバイダー(ISP)比較メディア
構築システム「ISP HIKAKU Server 2.0」のシステムOEM販売を本日より開始致
しました。

[弊社リリース情報]
リンク


◆「ISP HIKAKU Server 2.0」とは
「ISP HIKAKU Server 2.0」は、インターネット接続に欠かすことのできない
インターネットサービスプロバイダー(ISP)のキャンペーン、料金、プラン、
オプションなどの多岐にわたる情報を整理し、条件に応じた横断的なランキン
グ検索を可能にする日本初のISP比較メディア構築システムです。

インターネットサービスプロバイダー(ISP)に関する情報は分岐が多く、
要件も複雑なことから、システム化を行いメディア展開をすることは実質困難
とされてきました。これは、ISP比較メディアにおいて、動的なランキング表示
など、システム化されたサービスを運営している企業またはインターネット媒
体が数社しかない点を考慮しても明らかです。

本製品は、そのような参入が難しいとされているインターネットサービスプロ
バイダー(ISP)比較メディアをはじめるための基本機能をもれなく備えており、
比較メディアを構築するための開発期間を大幅に短縮することを可能にしてい
ます。

なお、本製品の構成は”インターネットユーザーに提供するWEBサービスである
「フロント」”と、”フロントページに表示するための各種情報を蓄積・整理
するための管理システムである「管理ツール」”によって構成されています。

また、本製品は2010年9月に公開したバージョン1.0のメジャーアップデート版
となり、ソーシャルサービスとの連携(Twitter、Facebook)や検索条件の細分
指定、管理ツール(データ管理システム)のオプション機能などを大幅に追加
しております。

◆製品資料(PDF)
「ISP HIKAKU Server 2.0」の製品詳細については、下記URLからダウンロード
してご覧頂くことができます。
リンク


◆システム構築・導入事例
本製品と同等の機能を備えたインターネットサービスプロバイダー比較サービ
スとして『プロバイダー 引越+乗り換え比較』を運営しております。
『プロバイダー 引越+乗り換え比較』では、システム構成の1つである「フロ
ント(インターネットユーザー向けのWEBサービス)」システムのほぼ全ての
機能を無料でご利用いただくことが可能です。

・プロバイダー 引越+乗り換え比較
リンク

また、本製品はバージョン1.0を大手比較メディア運営企業にOEM提供した実績
があり安定したシステム稼働を実現しております。

*「管理ツール」につきましては、一般公開しておりません。詳細につきまして
は弊社営業担当までお問い合わせください。


◆「ISP HIKAKU Server 2.0」の製品メニューと本製品で実現できること
「ISP HIKAKU Server 2.0」は、導入を希望される企業様の既存サービスや経営
環境にあわせてご選択頂けるフレキシブルなメニューを提供しています。

本製品は、「システムOEM」「データOEM」「コンテンツOEM」の3つのプランを
組み合わせて導入検討いただくことが可能です。

・「システムOEM」とは
システムOEMは、データ管理システムである「管理ツール」と、そこで制御・
生成したデータをWEBに出力する「フロント」で構成されています。
資料掲載の【データプランA/B】のみ、「フロント」単体でのご購入が可能です。
但し、管理ツールは付属しないため、導入企業にてデータを作成することはで
きません。

・「データOEM」とは
データOEMは、弊社が運営するサイト(リンク)用に生
成したデータをOEM供給するものです。

・「コンテンツOEM」とは
コンテンツOEMは、弊社が保有するFAQコンテンツデータをOEM形式で提供する
ものです。インターネット通信・回線に関する専門性の高い質問回答集を約300
個用意しております。


横展開可能なWEBサービスを保有している場合には、本製品を導入いただく事で、
既存のユーザー資産を活用することでシナジー効果の高い比較メディアを構築
することができます。
また、インターネットサービスプロバイダー各社への送客に基づく契約報酬単
価は7,500円以上が平均単価となっているため、収益性の高いWEBメディア・WEB
サービスの新規構築が可能です。


◆「ISP HIKAKU Server 2.0」の導入費用について
本製品はOEMメニューを組み合わせてご購入いただくライセンス販売制となっ
ております。最小構成費用は、

・システムOEM(フロントのみ導入):198万円(税込)
・データOEM(ISP単位でのランキングデータ購入):月額6万円/ISP1社につき

上記2点のセットから導入が可能となっております。

また、「フルプランC」(製品資料をご参照ください)をご利用頂くことで、
導入後の開発を自社で行い内製化することで、導入以後の運用コストなどを低
く抑えることも可能です。

なお、弊社では本製品の販売と同時にデザイン、追加機能、サポート、保守、
運用などの業務も別途受託いたします。 お気軽にご相談ください。


◆固定インターネット回線の市場規模について
総務省の資料「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの
公表(平成22年度第2四半期(9月末))」によると、ブロードバンドサービス
の契約数は3,402万件と前期比で1.4%の増加と発表されました。

[総務省資料]平成22年12月28日発表
リンク

契約数の内訳は、

・ADSLなどのDSL:899 万件(前期比4.0%減)
・光ファイバーなどのFTTH:1,912 万件(前期比3.0%増)
・ケーブルテレビ(CATV)など:589万件

となっており、ADSLが減少傾向にあるもののその代替として光ファイバーなど
のFTTH(Fiber To The Home)が伸長傾向となりました。
今後も、DSLからFTTHへの切り替え(スイッチング)の傾向は変わらず、新規
契約及び乗り換え需要は依然旺盛であると考えられます。

上記固定ブロード回線とは別に、イーモバイルやWiMAX(ワイマックス)等の
無線通信も利用者が急増しており、ユーザーのインターネット通信回線の選択肢
はより複雑になっていくことが予想されます。

これらのことからも、ユーザーがより自分にマッチしたインターネット接続回
線を選択するためのISP比較メディアはより重視されるようになることは間違い
ありません。

弊社では、これらインターネット通信に関する市場分析・業界予測等を基に
ISP比較運営メディアを自社運用すると同時に「高速モバイル徹底比較ポータル」
といったより踏み込んだコンテンツを提供しております。

・高速モバイル徹底比較ポータル
リンク

コンテンツOEMサービスとしてご提供することも可能ですので、ご不明な点は
遠慮無くお問い合わせください。



--
株式会社キージェネレーション(英文社名 : Keygeneration Inc.)
住所 : 東京都渋谷区恵比寿西1-21-14-105
代表者 : 代表取締役 折重武司
設立年月 : 2006年11月1日
資本金 : 300,000円(2011年 5月31日時点)
URL : リンク
事業内容 :
・WEBディレクション業務代行
・WEB制作 企画・設計・構築等
・WEBプロモーション 企画・運用
・モバイル広告販売代理
サービス :
プロバイダー 引越+乗り換え比較
リンク
高速モバイル徹底比較ポータル
リンク

お問合せ先 :
・折重武司(オリシゲタケシ)
E-mail  : hikaku-provider@keygeneration.co.jp
フォーム: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事