logo

インターネットの通信品質を机上で再現するための機器「ネットワークエミュレータ nemu」を発売

有限会社アイナス 2011年06月22日 12時00分
From ValuePress!

Press Release

報道関係者各位
                                  2011年6月22日
                                  有限会社アイナス

         インターネットの通信品質を机上で再現するための機器
         「ネットワークエミュレータ nemu」を発売します


有限会社アイナス(島根県出雲市)は、インターネット通信品質の良否を机上で再現するための
検査機器、「ネットワークエミュレータ nemu 」を開発し7月1日より発売いたします。

 本器は、インターネット通信路の品質パラメータである「帯域」「遅延(ジッター)」「パケッ
トロス」の3つのパラメータを自在に調整し、あらゆる通信品質を机上にて再現します。インター
ネットを利用して提供されるサービスにおいて、どの程度までの通信品質にまでサービスが耐えう
るのか等の試験を、本器を利用することで非常に手軽に実施することができます。
 付加機能としまして、データ流量グラフ(トラフィックグラフ)表示機能、および、パケット
キャプチャの機能を搭載しており、ネットワーク監視、トラブルシュートなどに広く利用できます。



【機器概要】
  商品名 ネットワークエミュレータ nemu
  エミュレーションパラメータ 帯域 遅延 パケットロス
  最大性能 80Mbps
  外形寸法 170 x 160 x 30 mm
  質量 0.41kg
  標準価格 ¥200,000 (税抜)
  その他の仕様等は、商品紹介ページをご用意していますのでご参照ください。
    リンク


【開発の背景】
 インターネット接続機器やサービスを開発、販売する会社にとって、自社のサービスの使用感は
インターネットの品質に左右されることはわかっていました。しかしながら、その品質を手軽にま
た再現性をもってテストできる機器がなかったため、実際にはサービスインしてみて、顧客の環境
でどのように動作するかを検証する方法が一般的でした。そのため、通信品質に関するトラブルや
性能劣化に対してどのように対応すべきなのか、あらかじめ想定することが難しい状況でした。
 本器を使い、想定されるインターネット通信路上での挙動をあらかじめテストを行えば、サービ
ス検証期間の短縮、トラブルシュートの容易化など多くのメリットがあります。


【アイナス社概要】
 有限会社アイナスは、平成10年に設立以来一貫してコンピュータ関連システムの開発、販売を
手がけています。平成18年からは、組込システムおよびRuby言語を使ったシステムの開発にも活
動領域を広げ、ハードウェア・ソフトウェア・ネットワークの3つの技術を軸に、広くシステム化、
機器開発を行っています。
 特にRubyに関しては、組込システムのウェブコンソールにRubyを適用するためのフレームワーク
「Alone」を、しまね産業振興財団の支援のもと設計・開発を行っており、2010年
RubyWorldConferenceにて披露講演をいたしました。


【本件に関するお問い合わせ先】
有限会社アイナス 担当:東裕人
島根県出雲市小山町227
email: info@inas.co.jp
Tel: 0853 - 20 - 2825
Fax: 0853 - 20 - 2826

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事