logo

世界の子どもたちの飢餓撲滅と東日本大震災の被災者支援を呼びかけ 「WFPチャリティ写真展 ~Fill the Cup with Hope~」開催中

玉川髙島屋ショッピングセンター 2011年06月21日 15時59分
From Digital PR Platform


玉川髙島屋ショッピングセンター(略称:玉川髙島屋S・C/東京都世田谷区、運営:東神開発株式会社)では、2011年6月15日(水)から28日(火)までの14日間、「WFPチャリティ写真展~Fill the Cup with Hope~」(主催:認定NPO法人国連WFP協会)を南館1階プラザにて開催中です。42名の女性モデルの無償参加(チャリティ)による写真と、彼女達から届いた東日本大震災被災者の方々へのメッセージを展示します。

本写真展は、飢えに苦しむ世界の子どもたちに給食を提供する国連の食糧支援機関であるWFP 国連世界食糧計画の「学校給食プログラム」への支援の輪をひろげることを目的としています。この趣旨に賛同する、冨永愛さん(WFPオフィシャルサポーター/国連WFP協会顧問)ら42名の女性モデルが赤いカップを手にし、子どもの飢餓をなくすことを訴える写真が展示されます。彼女たちが手に持つ赤いカップは「学校給食プログラム」に使われており、WFPの活動がもたらす希望の象徴です。モデルの皆さんと写真家の宮本直孝氏はチャリティとして無償で出演・撮影しました。

また、WFPは国連随一の輸送集団という強みを活かし、このたびの東日本大震災被災地への救援物資輸送の支援活動も進めています。本展で写真やメッセージをご覧いただき共鳴くださった来場者の皆様に、飢餓に苦しむ世界の子どもたち、及び被災により苦しむ方々への支援の輪が広がっていくことを願っております。
※ 期間中、会場に東日本大震災救援のための募金箱を設置いたします。


■『WFPチャリティ写真展 ~Fill the Cup with Hope~』 開催概要
日 時 : 2011年6月15日(水)~28日(火)10:00~21:00
会 場 : 玉川髙島屋S・C 南館1Fプラザ ※入場無料
主 催 : 認定NPO法人国連WFP協会
後 援 : WFP国連世界食糧計画 日本事務所

■宮本直孝さん(撮影):
1961年静岡県生まれ。1990年から1991年の間、オリビエーロ・トスカー二に師事。1993年に写真家として独立。2010年6月には、女性誌のカバーガールを務めるモデルのポートレートを集めた写真展「Cover Girls」を東京・青山のスパイラルガーデンで開催し、写真集「Cover Girls」を発行。同写真集の収益の全てをWFPに寄付。

■参加モデルの皆さん(42名):
AKEMI、ikumi、今宿麻美、浦浜アリサ、絵美里、伽奈、岸本セシル、清原亜希、熊沢千絵、黒田エイミ、黒田知永子、KOuKA、紗耶、SHIHO、ジュリアナ、SONOMI、竹下玲奈、田中美保、チェルシー舞花、堂珍敦子、富岡佳子、冨永愛、ノーマ、橋本麗香、春香、平野由実、比留川游、雅姫、松島花、美香、未希、水原希子、道端ジェシカ、宮本りえ、メロディー洋子、矢野未希子、悠美、ヨンア、理衣、LIZA、RINA、Lillian(五十音順)

■WFP 国連世界食糧計画(WFP)、国連WFP協会とは
WFPは飢餓と貧困の撲滅を使命に活動する国連の食糧支援機関です。自然災害や紛争の被災者、妊婦や授乳中の母親、栄養失調の子ども、孤児、病人、老人など最も貧しい暮らしを余儀なくされている人々を対象に、世界およそ70カ国で食糧を提供しています。国連WFP協会は、WFPを支援する認定NPO法人で、WFPの公式支援窓口です。募金活動、企業・団体との協力関係の推進、および広報活動を行い、日本におけるWFP支援の輪を拡げています。(www.wfp.org/jp)


【報道関係の方の問い合わせ先】
玉川髙島屋S・C 宣伝グループ PR担当 : 多田/山川 TEL:03-3708-6136(直通) FAX:03-3707-6186

【一般の方のお問い合わせ先】
玉川髙島屋S・C TEL:03-3709-2222(代表)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事