logo

MONET WindowsクライアントPC暗号化ソフトウェア「T-Cocoon」と、アイベクス社のPC操作制御ソフトウェア「IMCP」との連携ソリューションを発表

クライアントPCのセキュアな運用を実現

ソリューション・プロバイダーである(株)MONET(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:前野泰章)は、WindowsクライアントPC暗号化ソフトウェア「T-Cocoon」と、アイベクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:今泉清水)のPC操作制御ソフトウェア「IVEX Mobile Client Protector(IMCP)」との連携ソリューションを発表しました。


■T-Cocoonとは
T-Cocoonは, Windows PCクライアントの暗号化ソフトウェアです。
ハードディスク内に、仮想化技術によるT-Cocoon用の暗号化領域を確保します。
暗号アルゴリズムは、デファクトスタンダードとされている「AES256bit」に対応。


確保する暗号化領域のサイズは任意に設定が可能です。
T-Cocoonで権限の割り当てられたUSBが物理鍵となりT-Cocoon USBに紐付いた専用パスワードを入力することで、専用ソフトウェアが起動し、暗号化領域のハードディスクマウントが可能となります。


暗号化領域を外部へエクスポートする際には、暗号化領域に別途パスワードを設定することで、セキュアな状態での外部へ情報の持ち出しが可能です。


保護領域の削除をする場合、ハードディスク内のデータは完全に消去されます。(ランダム情報を3回上書きした後、セキュア領域を消去)


重要データや機密データが、通常のPC業務で常に必要なわけではありません。
T-Cocoonで保護された仮想暗号化ディレクトリーに重要データを保管することで、必要とされる時だけ機密データを復元するという運用が可能になります。
シンクライアントでは満たされない機能性と、リッチクライアントでは不安が生じるセキュリティの問題を解決するための一つのソリューションとなるのがT-Cocoonです。USBメモリーを物理的な鍵にすることができる解かりやすさと容易に導入できることも大きなメリットとなります。
外部に持ち出されやすいモバイルPC、サーバに保管しにくい人事考課のような社内情報を管理しなければならない中間管理職のPC、顧客情報を取扱う業種のPCなどがターゲットと考えます。


■IMCPとは、
IMCPとは、PCの操作を制御することによって、モバイルPCの抱える様々なセキュリティ課題を解決するためのソフトウェアです。
IMCPを利用することで、既存のモバイルPCを簡単にシンクライアント端末化したり、持ち出しPCからの情報漏えいを防止したり、重要なデータへのアクセスをユーザ単位に制限したりと、様々なニーズに柔軟に対応できることが大きな魅力の製品です。
最適なクライアントセキュリティ対策の実現を支援することが可能です。


この度の連携ソリューションにより、クライアントPCに保管されるデータや情報をT-Cocoonで設定された暗号化領域にだけ記録できるようにコントロールすることが可能になります。
この様なコントロールを実現するために、従来はシンクライアントの導入が一般的でした。
しかし、この連携ソリューションにより、既存で利用されているクライアントPC(リッチクライアント)でも同様のセキュリティが実現できます。
シンクライアントでは満たされない機能性と、リッチクライアントでは不安が生じるセキュリティの問題を解決するためのソリューションとして、T-CocoonとIMCPの連携によるソリューションが提供されます。
この連携ソリューションは通信帯域が確約されていないモバイルPCや、大掛かりになりがちなシンクライアントの導入を回避したいお客様がターゲットと考えます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■ T-Cocoon機能
 - セキュア領域の作成(AES256bit)
 - パスワード付きデータエクスポート
 - セキュア領域の消去


■ 対応OS
 - Microsoft Windows 2000/XP/Vista/7(32bit版/64bit版)


■ ハードウェア要件
 - CPU: Pentium Ⅲ 1GHz以上
 - RAM: 1GB以上
 - HDD: 500MB以上


■ 標準価格
 - オープンプライス
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■ IMCP機能
 - ファイルアクセス制御
 - クリップボード制御
 - 印刷制御
 - 通信制御
 - Webアクセス制御
 - アプリケーション利用制御


■ 対応OS
 - Microsoft Windows 2000 / XP / Vista / 7(32bit版、home系エディションを除く)
 ※ 別途管理用DB(Microsoft SQL Server 2005以上)が別途必要


■ ハードウェア要件
 - CPU: Pentium Ⅲ 1GHz以上
 - RAM: 1GB以上
 - HDD: 1GB以上


■標準価格
 - オープンプライス
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■MONET社について
 (株)MONETは、セキュリティおよびネットワークのソリューション・プロバイダーとして2002年12月に設立されました。


海外の優秀なベンダーとのパートナーシップを中心に、セキュリティ関連のソフトウェアの販売、コンサルティング事業を推進しています。


Protegrity DPS以外の取扱製品として、サーバ暗号化ソフトウェアVPDisk、API提供の暗号化ソリューションApplication Protector(米国Protegrity社)、統合型ログ監視・分析ソフトウェアHUNTSMAN(豪州Tier-3社)、データ差分抽出アップデートソフトウェアRTPatch、およびRTPatch Power+(米国Pocket Soft社)があります。



■アイベクス社について
 アイベクス株式会社は、Citrix XenApp 環境や、Citrix XenDesktop 環境(Citrix Provisioning Server利用環境)において、従来困難と言われていた正確なユーザ操作ログの生成を実現した「IVEX Logger Series」をはじめ、既存のPCを瞬時にシンクライアント化することができる「IVEX Managed Thin Client」を開発している企業です。
次世代クライアントセキュリティソリューションベンダーとして注目されている、国内ソフトウェアメーカーです。


■Teruten(テルテン)社について
 DRM Content Platform Builder Teruten
 -NO.1 in Content Security and Data Leakage Protection


Terutenの語源は、チベット語で“人類を救う宝を探す人々”という意味です。Terutenは、DRMプラットフォームの開発から、デジタルコンテンツ保護転送に至るまで、「最初」をキーワードに開発しているDRM技術専門企業であり情報資源保護分野とユビキタスデジタルコンテンツ保護分野を中心に活躍している企業です。


Teruten Overview
  ‐Embedded DRM プラットフォームサービス、韓国のシェア1位
  ‐自社開発による蓄積された技術力で、多数の特許(Domestic&Overseas)取得
  ‐RED HERRINGグローバル100大企業に選定(2007年)



■T-Cocoon(ティーコクーン)及びIVEX Mobile Client Protector(IMCP)(アイエムシーピー)お問合せ先


株式会社MONET
 ソリューション事業部 営業部
 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-16-5 TUCビル7F
 TEL :03-5809-3188 FAX:03-03-5809-3189
 Email :sales@monetz.com
 H P :リンク



*本文中の会社名および製品名は、各社の登録商標または、商標です。

Copyright 2011 MONET Co., Ltd. All rights reserved.

このプレスリリースの付帯情報

T-Cocoon logo

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。