logo

お酒好きでもノンアルコールで食事を楽しむ“飲まネーゼ”現象。女性の8割以上が、あえて飲酒しない外食も。

-「外食時の女性の飲酒」に関する調査-

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区 代表取締役社長:五十嵐 幹)では、関東地区(東京、神奈川、千葉、埼玉在住)の25~44歳の1年に1回以上お酒を飲んでいる女性600人を対象に、「外食時の女性の飲酒」に関する調査を実施しました。

近年、「女子会」と呼ばれる女性をターゲットにした飲み会や食事会が注目を浴び、飲食店による様々なサービスや限定のプランなども展開されています。
その様な状況の中、女性はどのようにお酒を飲んでいるのでしょうか。

今回は、「普段の飲酒」や「あえてお酒を飲まない外食」、「お酒に対する意識」を調査し、女性の飲酒の実態を明らかにしました。


【調査結果トピックス】
・普段外食時にお酒を飲むシーンは、「記念日(49.8%)」が最も多い。

・女性の8割以上があえて飲酒しない外食をしており、その際は食事を楽しみ、料理を堪能するために「水」や「お茶」を選ぶ傾向がある 。

・お酒を飲まない外食シーンは「女子会(ママ会)(41.0%)」が最も高く、飲酒しない理由は、約半数の人が翌日への影響を考慮しているため。

・お酒が好きな女性は84.3%と高いものの、半数の人が5年前と比べて飲酒の頻度が減ったと感じている。



【調査概要】
調査手法 :インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査対象 :関東地区(東京、神奈川、千葉、埼玉在住)の25~44歳の女性            
調査期間 : 2011年5月18日(水)~2011年5月23日(月)
有効回答数: 600サンプル



◆弊社自主調査レポートのDLはこちら
リンク



【本件に関するお問合せ先】
株式会社クロス・マーケティング  担当:大島
TEL:03-3549-0603  FAX:03-3549-0232  E-mail:pr-cm@cross-m.co.jp


【引用・転載時のクレジット表記のお願い】
本リリースの引用・転載時には、必ず当社のクレジットを明記いただきますようお願い申し上げます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。