logo

【SSK調査レポート販売】「ホームオートメーション市場の将来展望(英語版)」

2011年6月16日

株式会社新社会システム総合研究所


No.R07C0005
ホームオートメーション市場の将来展望(英語版)
The Future of Home Automation


出版日 2011年4月
価格
US$2875(Single User License(PDFタイプ))
US$10781(Multi- User License(PDFタイプ))
※お申込時の為替レートで換算致します。
ページ数 138ページ
発行<調査・編集> Business Insights


■概要■
 本レポートは、どのように消費者や政府が"スマートホーム"市場のブームを
創り出していくかを分析している。それは、エネルギー、エンターテイメント、
ホームセキュリティ、ヘルスケアのオートメーションに関わる参入企業、技術、
製品の分析である。そして、パイロットプロジェクト、製品コスト、業界トレンド、
ビジネスアライアンスや、将来市場における新たな技術などについて、詳細に
分析をしている。


●目次詳細は下記「リンク先」URLをご覧ください。
リンク


<特長とメリット>
・消費者の需要と政策の観点から、ホームオートメーション技術のトレンドを理解。

・スマートエナジー、メータおよび家電市場の分析

・スマートホームエンターテイメント、セキュリティおよび健康器具の分析

・ホームオートメーションにおける主要プレイヤーの戦略、製品の考察

・ホームオートメーションの将来の市場ポテンシャル、変化に対処するための計画策定、
成功したマーケティング戦略を評価


<ハイライト>
ホームオートメーションは、ホーム機能の家庭用自動制御ができる機器を含んで
います。システムはほとんど自動化される可能性が高いものである:加熱および
冷却、家電製品、テレビ、ビデオ、音楽、セキュリティアラームおよび監視システム、
在宅医療モニター、アラーム、通信機器である。
 スマートメータを提供するエネルギー事業者は、競争力をつけていこうと取り
組んでいる。消費者が家庭におけるエネルギー使用について把握しているとき、
消費者行動やエネルギー効率が変わることになる。スマートメータは米国の家庭に
おいて85%は既に導入されており、GEは、2019年までに米国における全ての家庭で
導入されると見込んでいる。
 人口変化や医療サービス提供者の不足は、在宅医療技術により巨大な市場機会を
もたらすであろう。これらは"受動的な"監視装置と、患者が自分自身のバイタル
サインの測定を行うことができる、より"能動的な"装置に分類することができる。


エグゼクティブサマリ
・ホームオートメーションの将来
・スマートエナジーの動向
・スマート製品を誰が使用して、誰が作るのか?
・スマートホーム:エンタテイメント、セキュリティ、健康
・スマートメディアと家電製品のユーザ
・結論:ホームオートメーションの市場ポテンシャル


■お申込み方法■
下記「リンク先」URLよりお申込みください。
リンク


商品は原則として1週間以内にE-mailでご電送致します。
5日以内にお手元に届かない場合は必ずご一報下さい。
※乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受け
できませんのでご了承下さい。


■販売・お問合わせ先■
株式会社 新社会システム総合研究所
105-0003東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F
TEL 03-5532-8850
E-mail nbd@ssk21.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。