logo

【SSK調査レポート販売】「韓国スマートフォン開発動向」

2011年6月16日

株式会社新社会システム総合研究所


R07D0004
「韓国スマートフォン開発動向」


出版日 2011年5月
価格 50,000円(税込)(印刷タイプ)
ページ数 A4判 335ページ
発行<調査・編集> ビスタ ピー・エス

●目次詳細は下記「リンク先」URLをご覧ください。
リンク


■概要■
 アップルのアイフォンによって触発されたスマートフォン市場の爆發力は、
携帯電話市場の地殼變動に止まらず、データ通信を主とする無線インターネット
市場の拡大という通信市場の変化をもたらしており、PC市場でのようにOS競爭、
検索競爭、コンテンツ競争など、産業全体に新しい経済環境を提示しており、
そのなかで予測不能な新しい生態系を創出しています。
 Gartnerの2009年11月に発表された資料によると、2008年以降
の一般フォン(フィーチャーフォン)市場はすでに飽和状態で、少しずつ減少する
推移を見せるものと予想される反面、スマートフォンの販売は持続的な増加の趨勢
を見せるものと展望されます。
 2009年のスマートフォンの販売台数は、2008年の1億3千9百万台に
比べて29.1%成長した1億8千万台規模と推定され、2013年には
6億4千6百万台の規模に成長するものと見通されます。
 2009年の全体の携帯電話市場におけるスマートフォンの比重は15.3%と
推定され、2013年には42.8%まで比重が拡大し、携帯電話市場の主流を
なすものと展望されます。
 最近、スマートフォン市場はグローバル携帯電話市場占有率1位であるノキアを
はじめとして、その後に続いているサムスン電子とLG電子も安心できないほど、
より競争が熾烈になってきています。最大のイシューになっているアップルの
アイフォンをはじめとして、2010年に最も大きく成長するものと予想されている
グーグルのアンドロイドフォン、アイフォンの地位を目指して再起の鬪魂を
見せているpalmのPre、HTC、さらにコンピューターメーカーのデルも
中国市場を基盤にスマートフォン市場に進出し、熾烈な競争を繰り広げている状況
です。
 また、スマートフォン市場が拡大するなかでモバイル運営体制(OS)の主導権
争いも激しくなっており、端末機製造会社やソフトウェア会社など業種の分野を
問わずモバイルOS競争に進出しています。さらに、スマートフォンで重要な要素
であるコンテンツを流通させることができるアプリケーションストア市場も拡大
しています。
 ここに、「グローバルスマートフォン開発戦略と市場の展望」を通じて、
グローバルスマートフォン市場の動向を分析し、グローバル市場に出資(予定含む)
された製品のトレンドを整理・分析しました。また、スマートフォンと密接な関連
がある運営体系(OS)およびアプリケーションストア市場も徹底的に調査・分析
しました。


■お申込み方法■
下記「リンク先」URLよりお申込みください。
リンク
お申込み後、10日以内に商品を発送いたします。
2週間以内にお手元に届かない場合は必ずご一報下さい。
※乱丁・落丁以外のご返品につきましては、原則としてお申し受け
できませんのでご了承下さい。


■販売・お問合わせ先■
株式会社 新社会システム総合研究所
105-0003東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F
TEL 03-5532-8850
E-mail nbd@ssk21.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。