logo

コアマイクロシステムズ、超大容量ステージングキャッシュと超高帯域 I/O を統合したスループット QoS 型の次世代 RAID ストレージ「Super RAID II」を発表

~わずか32HDD で 3GB/sのクラス最高のパフォーマンスを実現~

コアマイクロシステムズ株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:高橋晶三、以下 コアマイクロシステムズ)は、最大で 48 台の HDD をサポートし、3GB/s のクラス最速のI/Oスループットを実現する、超大容量ステージングキャッシュと超高帯域 I/O を統合したスループット QoS 型次世代 RAID ストレージ「SuperRAID II」を発表しました。「SuperRAID II」は本日より販売を開始します。

「SuperRAID II」は、ホスト接続として12G SAS(3G×4 レーン)と同時に 4G FC をサポートした業界初の DAS & SAN 同時接続型のハイブリッド SAN ストレージです。HD/2K/4K 非圧縮映像をダイレクトに、かつストレスなく運用できる、このクラス唯一の高速ストレージシステムです。

1. 製品ラインナップと価格
① SR2-R3016SF/A1000x16 16TB (SATA 1TB×16) オープン価格
② SR2-R3016SF /A2000x16 32TB (SATA 2TB×16) オープン価格
③ SR2-R3016SF /S600x16 9.6TB (SAS 600GB×16) オープン価格
④ SR2-R3016SF /S960SSDx16 15.3TB (SSD 960GB×16) オープン価格
⑤ JB-R3016S/xxxxx16 拡張エンクロージャ (SATA、SAS、SSD) オープン価格

※TB当たりの参考価格8万円(税別)以下(SATA 2TB HDDベース)

2. 用途
・HD/2K/4K 非圧縮映像編集
・H264 映像並列エンコーティング
・VOD/IPTV マルチストリーム配信

3. 効果
・映像取込みから編集プロセスの統合
・高帯域ストレージ共有による並列プロセス化
・マルチストリーム映像同時配信

4. 特長
・超高速映像ストリーム用ハイブリッド RAID
・連続書込みスループット最大 2.4GB/s
・連続読出しスループット最大 3GB/s
・高速ランダム I/O 対応 SSD モデルを用意
・12G SAS & 4G FC DAS & SAN 同時対応
・3GB/s 高速ボリュームの同時 SAN 共有
・スイッチレスダイレクト SAN 対応
・オプショナル SAN ファイル共有ソフトウェア(SNFS、METASAN、etc)

5. 主仕様
以下をご覧ください。
リンク

用語解説

■ コアマイクロシステムズについて
(リンク)
コアマイクロシステムズ株式会社は、「ストレージソリューションのトータルプ
ロバイダ」として、自社“SUPER STORAGE”、“STORAGE APPLIANCE” ブランドの
製品をはじめ、各社パートナ製品およびお客様のニーズに応じた各種ストレージ
ソリューションを提供しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。