logo

公共工事の工事車両による交通阻害対策や周辺交通への影響を交通シミュレーションで分析するサービスを開始致します。

ユーデック株式会社 2011年06月14日 09時00分
From DreamNews

近年、公共工事の事業者選定において、プロポーザル方式や総合評価方式による事業者選定方法が増加し、価格だけではなく技術面での競争も激しくなってきました。最近の傾向として、施工工事の技術力だけではなく、「交通」に関する知見も業者選定の重要な評価基準になってきております。特に、プロポーザル方式による事業者選定において「工事期間中の交通に関する所見」について、提案が求められるケースも増えてきております。
ユーデック株式会社では、公共工事における工事車両による交通阻害対策や、周辺交通への影響を分かりやすい交通シミュレーションで分析するサービスを開始することにしました。この交通シミュレーションサービスをご活用頂くことにより、ゼネコン・建設コンサルタントの皆様が、プロポーザル準備に要する時間を効率的に使いながら、同業他社に対して、技術面での優位性を訴求できるものと考えます。
交通シミュレーションサービスの費用、作業期間、アウトプットなどは、弊社営業担当(中嶋)まで、電話(03-5217-5051)またはお問い合わせフォーム(リンク)から、お気軽にお問い合わせください。


「公共工事の工事車両による交通阻害対策・周辺交通への影響を分析する交通シミュレーションサービス」の概要

◆サービスの目的と内容
  施設工事や道路工事など、施工業務のプロポーザルにおける交通影響分析、対策検討を行い、プロポーザルに必要なコンテンツを作成します。

◆シミュレーション検討の例
 ●工事における課題
 ・病院や学校などの既存施設を運用しながら工事を行う場合(耐震工事など)、工事車両が住民、施設利用者や職員、業務車両に影響を及ぼす可能性がある。
 ・工事車両が生活道路を行き来し、一般車両に影響を及ぼす可能性がある。
 ・片側一車線の道路のため、一車線封鎖の場合、交通影響がでる可能性がある。
 ●検討内容
 ・工事車両の搬入・搬出ルートの検討
 ・工事車両の需要の検討
 ・工事用信号(片側交互通行)の検討
◆必要データ例
 ●計画概要・工事計画など
 ●周辺交通データ

◆解析成果(アウトプット)例
 ※解析成果(アウトプット)はお客様と相談の上、業務ごとに最適なデータを納品します。
 ●平均速度
 ●平均旅行時間
 ●滞留長・渋滞長  ●静止画
 ●動画(aviファイル)
  ・現況(工事前)交通状況:サンプル動画(YouTube)  リンク
  ・工事中の交通状況:サンプル動画(YouTube)  リンク
  ・工事による車両規制(片側交互通行):サンプル動画(YouTube)  リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事