logo

世界のアイドリングストップ機能のある自動車の販売数は、2020年に年間3700万

米国の市場調査会社パイクリサーチ社が出版レポート「ストップスタート自動車市場の分析と予測:マイクロハイブリッド技術、電池、電気二重層キャパシタ-Stop-Start Vehicles: Micro Hybrid Technologies, Batteries, and Ultracapacitors Market Analysis and Forecasts」のプレスリリースにおいて、ストップ/スタート機能を搭載した自動車は今後10年間力強く成長し、年間の販売数は2011-2020年に300万から3730万に増加するだろう、との予測結果を発表しました。

過去10年間、自動車メーカーは、自動車運行による二酸化炭素削減の条例に適合するための尽力の一環として、速度が低下したり停止する際にガソリンエンジンを停止する技術を導入してきた。このようなストップスタート車(SSV)は、多くの場合、燃料効率のいい技術の組合せによって、マイクロハイブリッドやアイドルストップ車など、自動車メーカーによって様々な技術の名称を与えられている。このような車両は、燃料消費や二酸化炭素排出を5-10%削減できる。SSVは、内燃エンジンより強力なバッテリーや駆動システムを必要とするため、料金はやや高いが、ハイブリッド電気自動車よりははるかに安い。


米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「ストップスタート自動車市場の分析と予測:マイクロハイブリッド技術、電池、電気二重層キャパシタ / Stop-Start Vehicles: Micro Hybrid Technologies, Batteries, and Ultracapacitors: Market Analysis and Forecasts」は、ストップ/スタート機能を搭載した自動車は今後10年間力強く成長し、年間の販売数は2011-2020年に300万から3730万に増加するだろうと報告している。その頃には、SSVはすべての軽自動車販売数の1/3以上になるだろうとパイクリサーチ社は予測している。


「ストップスタート自動車は、コストと燃料の効率化のバランスに魅力がある。ストップ/スタート技術は、標準搭載でもオプションパッケージでの搭載でも可能で、自動車メーカーはブルーラベルやエコラベルなどの認証マークをつけることができる。欧州では、2011年初にSSVモデルが24車種以上あるが、米国では3つしかない」と、パイクリサーチ社のシニアアナリストJohn Gartner氏は語る。


パイクリサーチ社の分析によれば、世界で最も環境先進的な欧州では、ストップ/スタート技術の採用や販売が非常に進んでいる。北米では、二酸化炭素の排出量の削減目標があまり厳しくなく、米国環境保護庁(EPA)の試験サイクルがストップ/スタート技術の効果を過小評価しているため、普及が遅れている。北米では認知度があまり高くないものの、世界市場ではSSVの販売はハイブリッドを上回っており、2011年にはハイブリッドの3.5倍の売り上げを誇っている。SSVがハイブリッドより安いため、このギャップは2017年には16倍にまで拡大するだろう。


この調査レポートは、新しいストップ/スタート技術を搭載した自動車の市場機会と課題を分析している。ストップ/スタート部品システムとエネルギー貯蔵のためのバッテリー技術を調査し、2020年までの世界各地のストップ/スタート自動車、バッテリー、ウルトラキャパシタ(電気二重層キャパシタ、電気二重層コンデンサ)の販売予測、主要企業の詳細を記載している。


【調査レポート】
ストップスタート自動車市場の分析と予測:マイクロハイブリッド技術、電池、電気二重層キャパシタ
Stop-Start Vehicles
Micro Hybrid Technologies, Batteries, and Ultracapacitors: Market Analysis and Forecasts
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事