logo

20代女性の3人に1人が「知覚過敏」、オーラルケアにかける月額平均は1,039円、最高5万円も!

トレンダーズ株式会社(東京都渋谷区)は、女性のオーラルケアに対する意識・実態を探るべく、20代の女性500名に対して「オーラルケア」に関する実態調査をおこなった。

<調査概要>
調査対象:20~29歳 女性500名
調査期間:2011年5月30日~6月1日
調査方法:インターネット調査

■ 半数が「3年前よりオーラルケア意識が高まった」。その理由とは・・・?

まず、「歯を1日何回磨いていますか?」と聞いたところ、平均は「2.2回」となった。最高では1日に「7回」も歯を磨いているという人もいるようだ。

そして、「1ヶ月にオーラルケアにかけている金額」(※)を聞くと、平均は「1,039円」。中には「55,000円」と高額な金額を答えた人もいた。また、「3年前と比べて、オーラルケアに対するあなたの意識は変わりましたか?」と聞いたところ、50%が「より気を遣うようになった」と回答。その理由としては、「ホワイトニングに興味が出てきたから。(29歳)」、「CMでもオーラルケア関係のものが最近よく流れ、社会全体の歯に対する意識が高まっていると思う。(24歳)」、「歯医者に行って磨き方の指導を受けたから。(24歳)」などの意見があがり、女性のオーラルケアに対する意識は高まっていることがわかった。

(※)歯ブラシや歯磨き粉の他、歯科(審美歯科も含む)に通うための金額も含む。

■ 3人に1人が「知覚過敏」。これまでに「知覚過敏」の症状を感じた人は7割。

では、歯に対してどのような悩みを持っているのだろうか。「“過去1年間に”あなたが『歯』に関して悩んだこと(現在悩んでいることも含む)」について聞いたところ、最も多かったのは、「歯の色」で49%。以下、「虫歯」(42%)、「歯並び」(36%)と続き、「知覚過敏」と答えた人も34%。20代女性の3人に1人が「知覚過敏」であることがわかった。ちなみに、「“これまでに”知覚過敏の症状を感じたことはあるか」という質問に対して「ある」と答えた人は70%と7割にも上った。

ちなみに、「知覚過敏」は何歳くらいの人がかかる症状だと思いますか?」という質問に対しては、63%が「年齢にかかわらずなる」と回答。一方、「40代」(20%)、「50代」(19%)と答えた人も見られ、「高年代の人がなるもの」と認識している人も少なからずいるようだ。

歯の悩みについて、「歯の色」、「虫歯」、「歯並び」のほか、「知覚過敏」という回答も多かった今回の調査。20代と若くても「知覚過敏」に悩んでいる女性は多いことが明らかとなった。

PR Newsリリース詳細ページ リンク
提供元:PR News リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事