logo

OKI、特例子会社のクオールアシストに在宅勤務システム「ワークウェルコミュニケータ(R)」を納入

Tokyo, June 9, 2011 - ( JCN Newswire ) - OKIグループの特例子会社であるOKIワークウェル(社長:津田貴、本社:東京都港区)はこのたび、クオール株式会社の特例子会社クオールアシスト株式会社(社長:中澤公一、本社:東京都新宿区、以下 クオールアシスト)へ障害者の在宅就労向け多地点音声コミュニケーションシステム「ワークウェルコミュニケータ(R)」※1を納入しました。

クオールアシストはクオール株式会社で行ってきた障害者雇用活動をより積極的に発展させるため、2009年2月に障害者を専門に雇用する特例子会社として設立されました。現在、16人の障害者が在宅勤務でホームページ制作、ポスター・名刺などデザイン・DTP作成を行っています。業務中の在宅勤務者間の連絡手段は、メールが中心のため雇用する障害者の人数が増えるにつれ、タイムリーな情報共有や円滑なコミュニケーションを行うことが難しいと感じるようになっていました。

今回、クオールアシストへ納入した「ワークウェルコミュニケータ」は、多地点で臨場感のある音声コミュニケーションを実現できる在宅勤務システムです。在宅勤務者が作業を進める上で、映像より音声を重要視することに注目し、音声通話に特化しているため、ネットワークの負荷をかけずに利用できます。また、従来のTV会議システムのように特定の時間ではなく就業時に常時利用を想定し開発しているので、在宅ながら臨場感があり孤独感や疎外感を解消します。さらにユーザインタフェースは、OKIのユニバーサルデザインの考え方を応用し、障害者の使い勝手を充分に考慮したものとなっています。

クオールアシストは本システムを導入することにより、在宅勤務者間のタイムリーな情報共有が可能になりました。また、在宅勤務者の業務・ソフトウェア研修などスキルアップを支援するツールとしても活用しています。今後は、お客様との打合せに本社勤務の社員が本システムをインストールしたPCを持参し、ネットワークを介して在宅勤務社員が打合せに参加するなど、さらなる活用を検討しています。

OKIワークウェルはこれからも、「ワークウェルコミュニケータ」を通じて企業の障害者雇用を支援してまいります。

【ワークウェルコミュニケータの主な特長】

- 常時接続によりタイムリーな情報共有や他のメンバーの状況が把握できます。また、議題ごとに特定のメンバーが仮想の会議室に集まることもできます。
- 音声通話に特化しているため、ネットワークへの負荷が少なくモバイル環境でも利用できます。
- システムの接続ログファイルから勤務管理が行え、在宅就労の労務管理が容易です。
- マウス操作が困難な人が使用できるように操作ボタンは、テンキーに対応しています。
- オプション機能として発声の困難な人は、標準的な会話文を登録した自動発声機能を利用できます。

紹介サイト: リンク

【用語解説】
※1:ワークウェルコミュニケータ
独立行政法人情報通信研究機構(NICT)からの助成金とOKI研究開発センタからの技術協力を受け、開発されました。

【OKIワークウェル概略】
社名:株式会社沖ワークウェル
社長:津田 貴
資本金:1,000万円
設立:2004年4月1日
従業員数:56名(2011年3月21日現在)
主な業務:ITサービス(ホームページ作成、ポスターデザイン、PC作業全般)、名刺作成、障害者の在宅雇用コンサルティング
URL: リンク

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部 永野
電話:03-3501-3835
e-mail:press@oki.com

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKIワークウェル
電話:03-5445-6805
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事