logo

【レポート販売】「2011年版 携帯電話の世界市場」を販売開始

~09~16年市場動向、3G→LTEの動向、オープン化による 業界構造変化、メーカー・キャリア・地域別・主要国の市場展望レポート~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオ分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「2011年版 携帯電話の世界市場」を販売開始しました。

詳細URL:http://www.cross-shop.jp/products/detail.php?product_id=535

報道関係者各位

平成23年6月7日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「2011年版 携帯電話の世界市場」を販売開始

~09~16年市場動向、3G→LTEの動向、オープン化による 業界構造変化、
メーカー・キャリア・地域別・主要国の市場展望レポート~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオ分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「2011年版 携帯電話の世界市場」を販売開始しました。

詳細URL:リンク


■■ 商品概要 ■■

携帯電話の世界市場は、2010年末には約52億8,000万加入となり、前年対比10%増加しています。携帯電話市場は15億9,700万台となり、スマートフォン市場が約20%のシェアを占め、急拡大しています。その結果データ通信対応を積極化させており、LTEサービスも加速しています。

世界市場は成長が続き、2016年には73億加入、端末販売は18億5,900万台へと増加します。3Gと4G/LTE方式・端末が合計で68%シェアを占めます。

本書は17年連続の発刊となるもので、2011年版の構成は全部で10編の構成です。第I編は世界市場の総括的な地域別・方式別の予測、第II編は主要端末メーカーの動向、第III編は主要インフラメーカーの動向、第IV編はLTEの世界市場展望、第V編は主要キャリアの動向、第VI編はアジア・太平洋、第Ⅶ編は欧州、第VIII編は北米、第IX編は中南米、第X編は中近東・アフリカ各地域の動向となっています。


■■ 調査対象及び調査方法 ■■

1.2010年の市場動向および2016年までの市場予測

― 世界、アジア・太平洋、西欧、東欧、北米、中南米、中近東・
  アフリカ各地域、
   主要国、方式別、及び加入数、端末市場

2.3GからLTEの動向、及びスマートフォンを中心に、各地域、主要国の動向

3.主要メーカー、主要キャリアの動向

― 主要キャリア/Vodafone、Orange、T-Mobile、Telefonica、AT&T、Verizon、
  China Mobile、ChinaUnicom、ChinaTelecom、NTTドコモ、SingTel、
  Etisalat、Zain等
― 主要メーカー/Nokia、Samsung、LG、Motorola、Sony Ericsson、Ericsson、
  NSN、Alcatel-Lucent、Huawei、ZTE、RIM、HTC、アップル、NEC、富士通、日立、
  PMC等


■■ 資料目次 ■■

調査概要
I. 世界の携帯電話市場総括編

1.2010年の携帯電話の世界市場
(1) 世界携帯電話の加入数
(2) 世界携帯電話の端末市場
(3) 世界主要携帯電話キャリアトップ100

2.携帯電話の世界市場予測
(1) 携帯電話加入数予測
(2) 携帯電話端末販売市場予測

II. 主要端末メーカーの動向

1.携帯電話端末主要メーカーの動向
(1) 2010年市場・メーカーシェア
(2) 2010年~2011年の市場
(3) スマートフォン市場
(4) 端末市場の構造分析
(5) LTE

2.端末メーカー事業動向
(1) ノキア/Nokia
(2) Samsung電子
(3) LGエレクトロニクス
(4) アップル/Apple
(5) リサーチ・イン・モーション/RIM
(6) HTC
(7) Sony Ericsson
(8) Motorola Mobility
(9) ZTE/中興
(10) Huawei/華為技術

III. 主要インフラメーカーの動向

1.携帯電話インフラ主要メーカーの動向
(1) 主要メーカー別インフラ市場(受託件数)
(2) 主要メーカーのモバイルインフラ(事業売上高)

2.インフラベンダー事業動向
(1) Ericsson
(2) Huawei
(3) Nokia - Siemens(NSN)
(4) Alcatel - Lucent
(5) ZTE
(6) Samsung
(7) NEC
(8) 富士通
(9) 日立製作所
(10) パナソニックモバイルコミュニケーションズ/PMC

IV. LTEの世界市場展望

1.LTEへの移行
(1) 70ヶ国・地域、180キャリアがLTEを計画
(2) LTE展開の加速
(3) 米国市場におけるLTEサービス
(4) 欧州市場におけるLTEサービス
(5) アジア・太平洋地域におけるLTEサービス
(6) 中近東・アフリカ地域におけるLTEサービス
(7) 中南米地域におけるLTEサービス
(8) TD-LTE

2.LTEサービスの開始動向
(1) アジア・太平洋
(2) 欧州
(3) 北米
(4) 中南米
(5) 中近東・アフリカ

V. 主要キャリアの動向
1.Vodafone

2.Orange

3.T-Mobile

4.Telefonica(O2含)

5.AT&T

6.Verizon

7.China Mobile/中国移動

8.China Unicom/中国連通

9.China Telecom/中国電信

10.NTT ドコモ

11.SingTel

12.Zain

13.Q-Tel(カタール本国)

14.Etisalat(UAE本国)

VI. アジア・太平洋地域の動向

1.アジア・太平洋地域の市場動向

2.主要国・主要キャリアの動向
(1) 日本
(2) 中国
(3) インド

VII. 欧州の動向

1.欧州地域の市場動向

2.主要国・主要キャリアの動向
(1) 主要キャリアの動向
(2) 主要キャリアの重点サービス動向
(3) 欧州・国別加入数

VIII. 北米の動向

1.北米地域の市場動向

2.主要国の動向
(1) 米国
(2) カナダ

IX. 中南米地域の動向

1.中南米地域の市場動向

2.主要国の動向
(1) 南米におけるワンセグサービス提供国
(2) 国別加入数

X. 中近東・アフリカ地域の動向

1.中近東・アフリカ地域の市場動向

2.主要国・主要キャリアの動向


■■ 商品詳細 ■■

商 品 名:2011年版 携帯電話の世界市場
発 刊 日:2011年3月23日
発   行:株式会社シード・プランニング
販   売:株式会社クロス・マーケティング
判   型:A4 / 約400ページ
頒   価:
■製本     147,000円(本体価格140,000円、消費税7,000円)
■製本+CD-ROM 168,000円 (本体価格160,000円、消費税8,000円)

※別途送料500円

詳細URL:リンク


【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みください。

【お支払い方法】
法人様・・銀行振込みの後払いとなります。
商品と同封、または別送にて請求書と納品書をお送りいたしますので、振込み期日までに指定口座へお振込みください。

個人様・・銀行振込みの前払いとなります。
お申し込み後に請求書をお送りいたします。
ご入金が確認されましてから、商品を発送いたします。


■■株式会社クロス・マーケティングについて■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■株式会社クロス・マーケティング会社概要■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
Cross Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319
Fax:03-5565-5458
Mail:cs-info@cross-m.co.jp
Facebook:リンク
twitter:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。