logo

Netwiser シリーズ IPv4/IPv6トランスレータの新機種「TX-3740」(仮称)を開発  IPv4機器を使いながら無理なくIPv6への移行を実現

セイコープレシジョン株式会社(代表取締役社長:加藤精彦、本社:千葉県習志野市茜浜1-1-1、TEL:047-453-0111)は、現行機種IPv4/IPv6トランスレータ「SX-3640 IPTransrator」の性能および機能を向上した新機種、Netwiser(ネットワイザー)「TX-3740」(仮称)を開発し、2011年12月1日より販売開始いたします。


 IPv4アドレスの在庫が枯渇し、インターネットサービスプロバイダの在庫のみとなった今、大量のIPv6クライアントの出現はすぐそこに迫っています。セイコープレシジョンでは、2003年12月にIPv4/IP v6トランスレータの販売を開始して以来、主に研究所や官公庁などに提供してきました。しかし、最近では一般企業やプロバイダーなどからの問合せが増えています。


 新製品「TX-3740」(仮称)は、現行機種「SX-3640 IPTranslator」のハードウエアを全面改良し、性能向上を図ると共に、NAT-PTプロトコルの後継プロトコルであるNAT64プロトコルをサポート、さらに、コマンドラインに加え、日本語WebGUIを使用した構成(Configuration)作成や冗長構成もサポートします。


 セイコープレシジョンは、「安定稼働しているIPv4サーバをそのままで、IPv6 Webサービスを開始したい」「WebサーバをIPv6化するリスクを無くしたい」「第一段階として早急にIPv6 Webサービスを開始したい」という企業に、IPv6サービスを提供する簡易で現実的な手段として、IPv4/IPv6トランスレータ「TX-3740」(仮称)を提供いたします。


 なお、「TX-3740」は、「Interop Tokyo 2011」(2011/6/8~10幕張メッセ)のセイコープレシジョンブースにて展示を行います。


■販売価格   :IPv4/IPv6トランスレータ TX-3740  150万円(税別)
■初年度販売台数:100台予定


【仕様】
○ハードウエア
・LANインターフェイス:10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T 6ポート
・管理インターフェイス:RS-232C(D-Sub 9ピン) 1ポート
・ネットワーク管理機能:SNMP、syslog転送
・構成管理:GUI(http、https)、CLI(telnet、SSH、シリアル)

  
○ソフトウエア
・トランスレート機能:NAT64
             xlate(RFC6145)、xlate-stateful(RFC6146)
・DNS変換機能:DNS64
・同時最大コネクション数:1,000,000
・トランスレートプロトコル:TCP、UDP、ICMP、ICMPv6、マルチキャスト、ブロードキャスト
・最大スループット:200,000パケット/秒
・冗長構成:サポート(アクティブ/スタンバイ)

 
【保守サービス】
・年間契約:先出しセンドバック、オンサイト

  
以上


※Netwiserロゴはセイコープレシジョン株式会社の登録商標です。
※本プレスリリースに記載されているデータは、発表日時点のものであり、今後予告なしに変更されることがあります。


お問い合わせ先
<報道機関>
セイコープレシジョン株式会社
経営企画部 経営企画課 広報担当 安達(あだち)
TEL:047-470-7028  E-mail:icenter@seiko-p.co.jp 


<お客様>
セイコープレシジョン株式会社
システム事業部 営業統括部 営業部 営業4課 奥ノ坊(おくのぼう),星野(ほしの)
TEL:03-5620-6814  E-mail:support@seiko-p.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

Netwiser TX-3740(仮称)

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事