logo

インターネットサーバ機能を1台で運用できる仮想アプライアンス「Powered BLUE 850 VM edition」の提供開始    --  VMWareに対応  --

■Powered BLUE 850 VM editionの概要

これは従来より発売のハードウエア・アプライアンス製品
「Powered BLUE 850」の機能を、VMWare社の仮想環境、
VMWare ESX/ESXi 上で動作するように仮想アプライアンス化
したもので、VMWareに実行イメージを読み込ませるだけで簡単に
導入、運用ができます。


■Powered BLUE 850 VM editionの特徴

・インターネットサーバー機能を1台に集約
Mail/Web/DNS/ftp/Syslogサーバーなどのインターネットサーバー機能
を1サーバーで運用することができます。

・IPアドレスを有効利用
運用に必要なIPアドレスは1個。IPアドレスの少ない環境でもサーバーを
運用できます。

・管理者の負担軽減
サーバーの自己監視機能やサービスの自動復旧などのセルフチェック
機能を備えており、仮想環境やクラウド環境での運用においても、管理者の
負担を大幅に軽減できます。

・簡単設定
サーバー設定からアプリケーションまでの管理運用が容易なGUIを
備えています (日本語・英語対応)。


■展示

・インターロップへ出展
2011年6月8日-10日まで幕張で開催されるInterop Tokyo 2011の
弊社ブースで展示します。


■価格

・30万円(税別)



■販売開始

・2011年6月14日

※Powered BLUE 850 VM edition の詳細は以下のURLでご覧いただけます。
  リンク


■お問合わせ

 株式会社ムービット
 TEL 03-5390-3553 FAX 03-5390-3650
 E-mail info@mubit.co.jp
 リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。