logo

ユーブロックス社、Telematics Detroit 2011にてGLONASS位置決め技術を展示。~ LEA-6H GPSモジュールによりロシアのGNSS衛星システムと互換 ~

ユーブロックスジャパン株式会社 2011年06月06日 10時00分
From DreamNews

スイスのu-blox AG(日本法人:ユーブロックスジャパン株式会社、東京港区、代表 仲 哲周) は、LEA-6HGPSモジュールを強化することでGLONASS航法システムの実現に成功したと発表しました。ロシアのGLONASS衛星システムは、米国ベースのGPSと同等の機能を有したGPSを補完するシステムです。GLONASSは現在22個の衛星で運営されており、2011年末には必要な全24個の衛星により全地球をカバーする予定になっています。

ロシア運輸局によれば、GLONASS航法システムは、ロシア国内で旅客、大量物資や危険物を輸送するすべての車両にその使用をまもなく義務付けます。さらに、GPSとGLONASSの両レシーバを搭載した次世代航法システムは、全地球規模の高性能位置決めシステムを提供することになります。

「GPSとGLONASSの機能の適切な使い分けに成功したことにより、ユーブロックス社のハードウェア/ファームウェアレシーバ技術の柔軟性を示せたと思います。このシステムの動作が完全に確認されれば、GPS/GLONASS  レシーバの量産を開始します。」と、米国ユーブロックス社社長 Nikolas Papadopoulosは述べています。ユーブロックスGPS/GLONASSレシーバの最初の民生用サンプル出荷は2011年後半に予定されています。

またGLONASSのデモは、2011年6月8日、9日の両日にミシガン州Novi市のSuburban Collection Showplaceで開催されるTelematics Detroit 2011展示会の弊社ブース(#35)で行われます。この展示会の詳細については、リンクをご覧ください。展示会場にて、ミーティングを希望される方は、ユーブロックス社のサイトinfo_us@u-blox.comにご連絡ください。

ユーブロックスについて

ユーブロックスは、民生、産業および自動車市場向けに測位ソリューションとワイヤレス通信ソリューションを提供するファブレス半導体メーカーです。同社のソリューションにより、人、機器、自動車や機械等がそれぞれの位置を正確に決定し、さらに音声、テキスト、ビデオでワイヤレス通信を行うことができます。ユーブロックスは、GPS モジュール、GPSチップ、およびGPSソフトウェア・ソリューションなどのGPS製品群のみならずワイヤレス通信モジュールとワイヤレス通信ソリューションを提供していますので、ユーブロックス製品によりお客様は革新的でかつコスト・パーフォーマンスの高い製品を効率よく開発することができます。
ユーブロックスはスイスを本拠に、欧州、アジアや米国などをはじめ世界各国に拠点を置き、現在200名の従業員がいます。ユーブロックスは 1997 年に創立され、スイスの証券取引所に上場(UBXN)しています。ユーブロックスの詳細についてはリンクをご覧下さい。


<プレスリリースと製品のお問い合わせ先>


ユーロブロックスジャパン株式会社
〒107-0052東京都港区赤坂4-8-6赤坂余湖ビル6階
カントリーマネージャー
仲 哲周
電話:03-5775-3850
e-mail:tesshu.naka@u-blox.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。