logo

モバイルブロードバンドのポリシー制御

ポリシーと課金ルール機能、サービス品質保証、新たな収益機会

モバイルデータ利用の非常に急速な増加により、帯域幅管理はいまや、モバイルブロードバンドのオペレータの最大の課題の1つとなった。ポリシーソリューションは、ネットワークの混雑を管理して、ネットワーク拡張のためにCAPEXを確保しておくことができる。また、新しい収入の機会の作成をも助けるだろう。PCRF(ポリシーと課金ルール機能、Policy and Charging Rules Function)は、モバイルブロードバンドネットワークのポリシーを実施するキーである。PCRFは、特に北米や西欧のシンプルな利用に採用されてきたが、世界のオペレータが帯域幅問題を管理し、より創造的なデータ利用の課金を採用しようとするときに、PCRFビジネスは非常に大きく成長するだろうとABIリサーチは予測している。PCRF市場は、2010年の約3億5000万ドルから2016年には16億ドルまで成長するだろう。現在、40ー50社のPCRFベンダーがあり、この調査レポートは、それぞれのベンダーの長所と短所を分析している。ポリシーソリューションの発展の詳細なバックグラウンドと、設備ベンダーとネットワークオペレータについても記載している.


【調査レポート】
モバイルブロードバンドのポリシー制御:ポリシーと課金ルール機能、サービス品質保証、新たな収益機会
Policy Management for Mobile Broadband
Policy and Charging Rules Function, QoS Assurance, and New Revenue Opportunities
リンク


◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。