logo

【業界初】お手入れ簡単、長寿命の新ステンレス素材を採用したキャビネットキッチン「新クリンレディ」登場

住宅設備機器メーカーのクリナップ株式会社(代表取締役社長:井上 強一、本社:東京都荒川区)は、業界初となる新ステンレス素材(※)を見えない部分にまで採用したステンレスキャビネットキッチン「新クリンレディ」を販売いたします。震災の影響で発売が遅れておりましたが、6月1日より受注開始となります。
※ステンレスに含まれるレアメタル(クロムやニッケル)の含有量を約46%削減し、古くから食器などに使われていたスズを微量加えた世界初のステンレス素材「NSSC(R)FW1」。

■クリナップから、究極のステンレスキャビネットキッチン「新クリンレディ」が登場!

住居の中でも、女性が特にこだわるのが「キッチン」。“オシャレなキッチンに立つお料理上手な女性”に憧れる人も多いのではないでしょうか。しかし一方で、忙しい現代女性にとって、毎日使うキッチンをいつもキレイに保つことは容易ではありません。汚れ、ニオイ、ヌメリが気になるけれども、お手入れするのは面倒・・・。そんな女性たちの悩みを解決するのが、6月1日より受注を開始する、ステンレスキャビネットキッチン「新クリンレディ」です。

ステンレスは、レストランの厨房などにも採用されている通り、「耐久性」、「安全性」、「衛生面」など、あらゆる点でキッチンに適した素材です。また、ペットボトルよりもリサイクル率が80%以上と高く、ホルムアルデヒドも出さないため、人と地球に優しいエコな素材ともいえます。クリナップは、キッチンを作りはじめて50年以上となりますが、ステンレスこそが、日本の気候や水を多く使う生活様式に最適な素材であると確信しています。

そして、このたび弊社が一般家庭のキッチンに関する調査を実施したところ、多くの人が、引出しの底板や排水口の蓋などの汚れやヌメリに悩んでいることがわかりました。今回発売をする「新クリンレディ」においては、そうした汚れがたまりやすい場所や、キッチンのキャビネット(内部構造)部分など、あらゆる部分をステンレス化し、さらに従来品(木製キャビネット)と同価格でご提供することに成功いたしました。業界初の新ステンレス素材をキッチンのキャビネットにまで使用することで清潔・長寿命・エコなキッチンに。

また、ステンレスシンク底面やワークトップにはキズがつきにくい「特殊エンボス加工」を、シンク表面や排水口の蓋には水アカや汚れが付きにくい「eコート(親水性のセラミック系特殊コーティング)」を施すなど、独自のステンレス加工技術で長い間キッチンの美しさを保つ工夫もしています。
さらに、全41色の扉カラーの内、8色のカラーステンレスのラインナップをそろえ、無機質になりがちなステンレス製の扉を、エレガントなイメージに変身させました。

■ 料理研究家 浜内 千波先生も推薦!人を招きたくなるキッチン「新クリンレディ」

また、5月23日からは「新クリンレディ徹底分析サイト」をオープン。サイト内では、受講3年待ちという大人気料理教室「ファミリークッキングスクール」を主宰する料理研究家の浜内 千波先生への「キッチンインタビュー」を公開しています。浜内先生に「理想のキッチン」についてお聞きしたところ、重視するポイントとして「衛生面」と「耐久性」、「人を招きたくなるキッチン」、楽しく「楽」もできること、そして「収納力」などをあげてくださいました。
 
「新クリンレディ」はこれらのポイントを全て備えお求めやすい価格設定のおすすめキッチン。お近くのクリナップ・ショールームで、ぜひ、ステンレスの「機能性」と「息をのむ美しさ」をご体験ください。

◆新クリンレディ 「新クリンレディ徹底分析サイト」→ リンク

PR Newsリリース詳細ページ リンク
提供元:PR News リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。