logo

喘息啓発ウェブサイト「Zensoku.jp」全面リニューアル

グラクソ・スミスクライン株式会社 2011年05月30日 11時53分
From Digital PR Platform


グラクソ・スミスクライン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:フィリップ・フォシェ 以下:GSK)は、喘息患者さんやそのご家族の正しい疾病理解を目的に、喘息コントロールなど治療に役立つ情報を提供する喘息啓発ウェブサイト「Zensoku.jp」 (リンク)を全面リニューアルしました。



リニューアルした「Zensoku.jp」では、喘息の症状改善につながる「ぜんそくWEB日記」を継続的につけることにより、地球の空気をきれいにする植樹が実現する、「ぜんそくWEB日記をつけて緑を増やそう!ぜんそくグリーンプロジェクト」を新たに展開します。また、小児喘息患者さんとその保護者向けの既存コンテンツを拡充させ、日常生活の注意点などを、時節トピックに沿って楽しく分かりやすく解説する「小児ぜんそくWEBアニメ」を新設しました。



今回新設した主なコンテンツは以下の通りです。

「ぜんそくWEB日記」

「ぜんそくWEB日記」では、毎日の喘息の状態や服薬状況をWEB上で記録することができます。喘息の治療は、医師の指示に従って毎日しっかりと喘息治療薬を使うことが大切です。日記に毎日の喘息の様子や喘息治療薬の使用状況を記録して、自分の状態を知っておくことにより、喘息をコントロールし、症状をゼロに近づけることができます。「ぜんそくWEB日記」は、携帯電話からも利用できます。日記など記録のつけ方は、シンプルで分かりやすく、記録すると緑地に木々が生い茂るなど、毎日楽しく続けられる視覚的な仕掛けも特長のひとつです。



「ぜんそくWEB日記をつけて緑を増やそう!ぜんそくグリーンプロジェクト」

日々の「ぜんそくWEB日記」更新、月々の喘息コントロールテスト(ACTおよび小児ACT)の記録などにより、参加者個人に「グリーンポイント」が付与されます。参加者全員のポイント累計に応じて500ポイントにつき1本、認定NPO法人 環境リレーションズ研究所(東京都千代田区、理事長:鈴木敦子)を通じて、国内の指定エリアに植樹し、緑化による快適な環境づくりを目指します。

「小児ぜんそくWEBアニメ」

「ぜんそくだって、げんきながっこうせいかつ」をテーマに、元気な学校生活を送るための注意点やアドバイスを時節のトピックに合わせて、オリジナルキャラクターがアニメーションで解説します。毎月初めに更新の予定です。



その他

各種オンラインブックマーク登録のアイコンを設置しました。また、twitterなどソーシャルメディアとも連携しています。



これらのコンテンツのほかにも、喘息に関する最新情報を、随時紹介していく予定です。



GSKでは、引き続き、患者さんとそのご家族の生活の質向上を目指した取り組みとして、長期コントロールの重要性や、患者さんの積極的な治療参加の向上訴求など、正しい理解促進に向けた情報発信を継続していくことで、「発作を出さない治療法」で「喘息のない生活」が実現できることを目指し、またさまざまな啓発活動を展開していく予定です。



生きる喜びを、もっと Do more, feel better, live longer

グラクソ・スミスクラインは、研究に基盤を置き世界をリードする、医薬品およびヘルスケア企業であり、人々が心身ともに健康でより充実して長生きできるよう、生活の質の向上に全力を尽くすことを企業使命としています。





<参考資料>

GSKの喘息啓発活動

日本には少なくとも450万人の喘息患者さんがいるとされており、喘息による死亡者数は年々減少しているものの、2009年は2,139人*と、先進国のなかでも比較的高い数値となっています。その背景には、喘息についての情報が十分に伝わっておらず、患者さんは症状があっても「仕方ない」と諦めていたり、自分の症状を正しく医師に伝えられない、また、喘息の治療ガイドラインに沿った適切な治療を受けられていない、など様々な要因があります。小児においては、死亡者数は劇的に減少していますが、コントロールが不十分なために、学校を欠席したり、体育を見学するなど、子どもらしい活発な活動が制限されています。また、特に小児喘息の場合は、両親など保護者の負担が大きいと考えられています。

*厚生労働省 平成21年人口動態統計



GSKは、2005年より喘息啓発活動を実施しており、「発作を出さない治療法」で「喘息のない生活」が実現できることを一貫してお伝えしています。患者さん・一般向けには「Zensoku.jp」(リンク)を、医療従事者向けには「Adoair.jp」(リンク)を運営しています。「Zensoku.jp」では、二宮清純氏の対談シリーズのほか、スピードスケート金メダリスト清水宏保さんのインタビュー、「発作を出さない治療法」など、喘息についての様々な情報を提供しています。



GSKの喘息治療薬

- 喘息・COPD治療配合剤「アドエア」

(一般名:サルメテロールキシナホ酸塩・フルチカゾンプロピオン酸エステル)

- 吸入ステロイド喘息治療剤「フルタイド」(フルチカゾンプロピオン酸エステル)

- 長時間作動型吸入気管支拡張剤「セレベント」(サルメテロールキシナホ酸塩)

- 気管支拡張剤「サルタノール」、「ベネトリン」(硫酸サルブタモール)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事