logo

中国の大手自動車メーカー、Qi無接点充電を上海モーターショーで披露―Qi無接点充電器の公開が、国際無接点充電規格の急速な普及を実証

ワイヤレスパワーコンソーシアム 2011年05月31日 14時30分
From JCN Newswire

Tokyo, May 31, 2011 - ( JCN Newswire ) - 2011年5月23日(香港発)- ワイヤレスパワーコンソーシアム(以下「WPC」)は、中国の大手自動車メーカーであるGeely(吉利)、Chery(奇瑞)、Changan(長安)、Dongfeng(東風)の4社が、2011年4月の上海モーターショーで、WPCの無接点充電規格「Qi」を搭載した車を公開したと発表しました。Qi無接点充電器を搭載したコンセプトカーが、大規模なモーターショーで展示されたのは今回が初めてであり、無接点充電技術にとって大きな前進です。

世界初の低消費電力無接点充電規格であるQiは、ブランドやメーカーを問わず、あらゆるQi対応機器とQi充電器を相互運用させることにより、消費者に手軽さ、利便性、そして柔軟性を提供します。

WPC会長のメンノ・トレファーズ(Menno Treffers)は、次のように述べています。「Qiを自動車に組み込むことで、消費者は簡単に機器を充電でき、ドライバーはわずらわしい配線からも解放されます。自動車業界によるQiのデモンストレーションは喜ばしいことであり、メーカーと消費者が無接点充電のユニバーサル規格を求めていることを証明しています。」

各メーカーは、それぞれのコンセプトカーで、Qi無接点充電技術の用途を実演しました。充電ステーションは、展示車の中央コンソール、アームレスト、ダッシュボード上に設置され、各充電ステーションで1つの機器を充電できるようになっていました。

また、メーカーごとに、布、人工皮革、プラスチックなど、さまざまな素材を充電面の下に使用することで、無接点充電器は各自動車の内装に溶け込み、全体的なデザインを引き立てていました。

Qi無接点充電器は、主にGeely(吉利)のEC-8、Chery(奇瑞)のRiich G6、Changan(長安)のCX30、そしてDongfeng(東風)の電気自動車コンセプトカーに搭載され、メーカー各社は、フィリップス社のQi携帯電話、アップル社のEnergizer誘導充電スリーブ対応iPhone 3の両方で無接点充電を実演しました。なお、組み込まれたQi充電技術は、Leggett & Platt社が提供したものです。

WPCコンソーシアムとQiの詳細は、 www.wirelesspowerconsortium.com リンク をご覧ください。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
リンク

Qi(気)とワイヤレスパワーコンソーシアムについて

ワイヤレスパワーコンソーシアム(WPC)は、充電式電子機器の無接点充電互換性に関する国際規格であるQi (気)の策定と普及を目的として、2008年12月17日に設立されました。現在のメンバーは84社以上に及び、携帯電話、家庭用電子機器、バッテリー、半導体、コンポーネント、無接点給電技術の業界リーダーや無線通信者、家具/自動車部品メーカー、電子機器、バッテリー、半導体、コンポーネント、無接点給電技術のインフラ基盤関連が含まれています。( リンク )Qi(気)は、「チー」と発音し「生命の活力」を表しています。

本件に関するお問い合わせ:
テキスト・ワンハンドレッド・ジャパン株式会社
横山、秋澤
TEL:03-5210-1981
FAX:03-5210-2005

概要:ワイヤレスパワーコンソーシアム

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。