logo

今後、需要が高まる外国語1位「中国語」、2位「英語」、働く女性の約4人に1人が中国語の勉強経験あり

オンライン型の中国語学習システム「超速中国語」シリーズを扱う株式会社WEIC(東京都新宿区)は、22~29歳の有職者女性500名を対象に、「語学に関する調査」を実施した。調査により、働く女性の外国語習得に対する意識の高さや、興味のある語学が明らかになった。

◆調査期間:2011年5月19日~5月20日
◆調査対象:22歳~29歳 有職者女性500名(会社員)
◆調査方法:インターネット調査


■働く女性の8割が、「語学力はキャリアのアドバンテージになる」と回答

まず、企業で働く女性たちに「語学力を高めることは、自身のキャリアにおいてアドバンテージになると思いますか?」と聞くと、81%が「思う」と回答。また、「語学力を高めることは、年収アップにつながると思いますか?」という質問にも、58%が「思う」と答えた。グローバル化が進む現代のビジネスシーンにおいては、語学力がひとつの武器になると考えている女性が多いようだ。

また、社会人になって以降、外国語の学習をしたことがあるかを聞くと、33%と3人に1人が「ある」と回答。勉強の動機としては、「外国のお客様と接する機会が多い職場だから。(26歳・東京都)」など仕事の現場で必要という理由のほか、「海外の言語が分かれば情報収集力が飛躍的にアップすると考えたから。(28歳・神奈川県)」、「職を選ぶ幅が広がるから。(29歳・愛知県)」といった、自身の仕事の幅を広げたいという回答も多くみられた。


■「今後、日本での需要が高くなると思う外国語」、7割が「中国語」と回答

それでは、働く女性たちはどのような外国語を習得したいと思っているのだろうか。

まず、「これまでに勉強したことがある語学」を聞くと、やはりトップは「英語」で61%と大多数に。以下、2位「中国語」(18%)、3位「フランス語」(13%)、4位「ドイツ語」(11%)と続いた。

しかし、「今後、日本での需要が高くなると思う外国語」を聞くと、1位と2位が逆転。「中国語」(72%)が「英語」(68%)を上回る結果となった。また、「今後、世界的にビジネスシーンでの需要が高くなると思う外国語」としても、「中国語」という回答が67%と最も多かった。

実際に、「これまでに、中国人と仕事をしたことがありますか?」と質問したところ、33%と3分の1が「ある」と回答。また、「日本でも、ビジネスシーンでの中国語での需要は増えると思いますか?」という質問には、88%が「思う」と答えた。

さらに、「これまでに、中国語を勉強したことがありますか?」という質問には、24%と約4人に1人が「ある」と回答。また、機会があれば中国語を勉強したいかを聞くと、49%とほぼ半数が「したい」と答えた。今後の需要が見込まれる中国語に対して、働く女性たちの学習意欲はかなり高いようだ。


■中国語学習が続かない理由「時間がない」「触れる機会が少ない」「難しい」

しかし、中国語を勉強したことがあると答えた女性たちに、「現在、中国語の勉強を続けていますか?」と聞くと、「続けている」と回答したのは、わずか10%。今後のビジネスシーンにおける中国語の必要性は感じつつも、実際には勉強が続かないという人が多いようだ。

そこで、「中国語の勉強が続かなかった」と回答した女性に、その理由を複数回答で聞いてみると、「勉強する時間的な余裕がないから」(39%)、「中国語に触れる機会が少ないから」(35%)、「習得が難しいから」(27%)、「(スクールなどの)勉強する場が少ないから」(11%)などが上位にあがった。中国語に興味を持ちながらも、忙しさのために時間が作れないでいる人や、中国語自体が「難しい」「身近でない」など、中国語に対する「壁」を感じている人が多いようだ。


■「超速中国語」なら初心者でも「楽しい」「続く」「伸びる」!その仕組みは・・・

そんな働く女性たちにおすすめなのが、株式会社WEICが提供するオンライン型の中国語学習システム「超速中国語」だ。

「超速中国語」は、子どもが言語を習得するプロセスを、ソフトウェアを用いて短期間で再現した学習システム。通常は120~200時間の学習を要すると言われる中国語検定試験4級に、最短65時間で合格することができる。日本を代表する大手企業を含め200社以上に導入されており、まったくのゼロから学習を開始しても、修了後には中国への出張や赴任時に、現地の人とコミュニケーションを取れるレベルまで到達できるようになる。

教材は、初学者向け~中級者向けの3レベルのラインナップがあり、ネイティブ講師を相手に発音や会話のレッスンができる「オンライン学習サポート」などバックアップも充実。初学者が安心して学べる環境も整えられている。

この学習システムのポイントは、音の刺激と早稲田大学で研究された中国語習得理論を組み合わせて作られているという点。実際に、早稲田大学の授業でも使われており、受講生の約97%が約2ヶ月半の学習期間で中国語検定試験4級に合格している。

さらに、今回の調査では「勉強する時間的な余裕がない」という理由で、中国語の勉強を途中で諦めた女性が約4割にのぼったが、「超速中国語」はインターネット環境を備えたパソコンがあれば、時間・場所を問わず、すぐに学習を始められるので、働く忙しい女性にもぴったりだ。また、中国語は、学べるスクールが少ない、教えられる講師が少ないなど、中国語に触れる機会を確保するのが難しいという現状があるが、オンライン学習を利用することで、定期的に中国語に触れることが可能となる。

働く女性の多くが「今後、ビジネスシーンでの需要が増える」と感じている中国語。ぜひ、「超速中国語」を活用して、語学力アップを目指してみてはいかがだろうか。

【「超速中国語」シリーズ ラインナップ】

●65時間超速中国語:中国語に初めて挑戦する方向け
セット内容:ドリル式トレーニング、教科書(1冊)、リスニング用音声CD(1枚)、解説ビデオ、オンライン学習サポートパッケージ込み/4ヶ月 42,000円、6ヶ月 54,800円、12ヶ月85,000円 ※税込・送料別途500円

●超速ビジネス中国語【STEP】:出張・赴任が目的の方向け/超速ビジネス中国語【JUMP】:留学・生活が目的の方向け
セット内容:ドリル式トレーニング、教科書(1冊)、リスニング用音声CD(6枚)、練習帳(1冊)、ポケットブック(1冊)、オンライン学習サポートパッケージ込み/4ヶ月 49,500円、6ヶ月 63,000円、12ヶ月94,800円 ※税込・送料別途500円

「超速中国語」について URL:リンク


PR Newsリリース詳細ページ リンク
提供元:PR News リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事