logo

イーサネットスイッチ「APRESIA(アプレシア)」の販売で 三井情報株式会社と代理店契約を締結

このたび日立電線株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:高橋 秀明、以下「日立電線」といいます。)は、三井情報株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:下牧 拓、以下「MKI」といいます。)と、高機能・高信頼性イーサネットスイッチ「APRESIA(アプレシア)リンク」*1 *2 の販売において代理店契約を締結いたしました。この提携により、MKIの広範な販売チャネルを活用しAPRESIAの国内販売網をより一層強化してまいります。

 日立電線のイーサネットスイッチAPRESIAシリーズは大きく分けて、通信事業者向けの「Apresia6000/8000/16000/18000シリーズ」と、民間・公共関連市場向け「Apresia3000/5000/13000/15000シリーズ」で構成されています。「Apresia6000/8000/16000/18000シリーズ」は、主に通信事業者の広域イーサネット網用として、多くの通信事業者に採用されています。また、「Apresia3000/5000/13000/15000シリーズ」は、充実した認証機能とBoxCoreソリューション等*3 により企業や大学、また40G/10Gネットワークを低価格で提供できる事からデータセンターにおいて構内LANのコアスイッチやエッジスイッチなどとして採用されています。
 日立電線ではこのたび、これらAPRESIAシリーズのより一層の販売拡大のため、ネットワークインテグレーションの提供で高い実績を持つMKIと、APRESIAシリーズの販売において販売代理店契約を締結いたしました。

 この提携によって当社は、エンタープライズ向け市場でのAPRESIAシリーズの販売網を強化し、イーサネットスイッチ市場でのさらなるシェア拡大を図ってまいります。

以上


(リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。)


日立電線APRESIA販売代理店一覧
リンク

三井情報株式会社 Webサイト
リンク

*1イーサネットは、富士ゼロックス株式会社の登録商標です。
*2APRESIAは、日立電線株式会社の登録商標です。
*3BoxCoreは、日立電線株式会社の登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事