logo

EMCジャパン、構造化データと非構造化データの重複除外とデータ管理の一元化を実現

~「EMC Data Domain」と連携した重複除外バックアップ「Avamar 6.0」を発表~

EMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修、URL:リンク)は、本日、「EMC Avamar」と「EMC Data Domain」を初めて連携させた重複除外バックアップ・ソフトウェア製品「Avamar 6.0」、ならびに同製品を搭載したアプライアンス・サーバである「Avamar Data Store Gen4」を発表しました。「Avamar」と「Data Domain」のそれぞれが持つ重複除外機能を連携させることにより、企業データを全方位で重複除外バックアップすることが可能となり、
これまで別々に管理していた構造化データと非構造化データが、「Avamar 6.0」によって統合管理することが可能になります。また、この新製品により、「VMware」環境のデータ保護時間が大幅に短縮されます。

非構造化データの重複除外バックアップの統合が可能な「Avamar」と、構造化データの重複除外バックアップを高速に行う「Data Domain」を連携させることによって、企業内におけるさまざまなシステム環境に対応することが可能となります。
重複除外バックアップのプロセスで、データの特性に応じて「Avamar」と「Data Domain」から最適なシステムを選択、バックアップのデータ保存・管理を「Avamar」で一元的に行うことができます。また、
「Avamar Data Store Gen4」は、ハードウェア性能を大幅に向上することで「VMware」環境のバックアップをさらに高速化しています。EMCの検証によると、1,000台の仮想マシン、合計50TBのデータをわずか43分でフル・バックアップすることが可能となりました。

「Avamar 6.0」の主な特徴は以下の通りです。
・EMCの重複除外製品である「Avamar」と「Data Domain」の連携を実現した初めての製品です。
大規模かつ変更率の高い構造化データを「Avamar」にて選別し、「Data Domain」にバックアップすることで、企業内のあらゆるデータのバックアップを「Avamar」で管理することが可能となります。この連携においても、重複除外処理をバックアップ対象マシン側であらかじめ実行し、ネットワークに転送するデータ量をユニークなブロックのみにとどめることで、ネットワークの負荷を軽減、バックアップ時間の短縮が可能となります。

・「Avamar Data Store」のハードウェア性能が従来のバージョンと比較して、最大3倍に向上しました。特に仮想環境のバックアップにおいて性能を発揮し、VMware Changed Block Trackingに対応したことにより、仮想環境のバックアップとリストア時間を大幅に短縮します。また、ノードあたりのストレージ容量が増えたことで、1システムの最大容量が124TBと最大2.3倍に拡大しました。電力効率も従来のバージョンと比較し40%~65%の省電力を実現しています。

・「Avamar 6.0」は、新たにWindows Storage Server、IomegaのNASである「Iomega ix12-300r」のサポートを開始し、NASの対応範囲を大幅に拡大します。

・「Avamar」のクライアントPCバックアップ機能である「Avamar Desktop/Laptop」を利用することにより、バックアップ・データを別のクライアントPCにリストアする機能が追加されました。これにより、クライアントPCをリプレースした際に、ユーザ・データを容易に復元することが可能となります。

■価格と販売方法について
製品名:EMC Avamar Data Store Gen4
標準提供価格:462万円(税込み)
有効容量:1.3TB(シングル・ノードのレプリケーション構成で最小構成時

「EMC Avamar 6.0」は、本日より提供を開始します。今回発表した製品はEMCジャパンならびにEMCジャパンの販売パートナーであるVelocity(ヴェロシティ)パートナーより提供します。詳細は下記をご覧ください。
リンク

EMC Avamar 6.0製品写真 (下記よりダウンロードいただけます)
リンク 

# # #

■EMCジャパン株式会社について
EMCジャパンは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの提供を通して、日本のお客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あらゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、さらにビジネス価値の創造に貢献致します。
リンク 
EMCジャパンは、2010年重複除外ストレージ市場において、No.1シェアを達成しました。
(株式会社テクノ・システム・リサーチ調べ)

本件に関するお問い合わせ先
EMCジャパン株式会社  マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
広報マネージャ 武村綾、Tel: 03-5308-8888 (代表)/ 03-5308-8867(直通)
E-mail: japanpr@emc.com

###

EMC、EMC2、Avamar、Data Domainは、米国EMCコーポレーションの登録商標または商標です。
VMwareはVMware, Inc.の登録商標または商標です。これらの商標は、日本または諸外国で商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事