logo

CARTES & IDentification 2011 - キック オフ !

2011年11月15日~17日 パリ・ノール・ヴィルパント見本市会場

「ビジネス、イノベーション、発見、そして展望」。これはデジタルセキュリティー、スマートテクノロジー、電子決済、非接触ソリューションの世界No.1イベント「CARTES & IDentification」の特徴をこれまでになく的確に表現しています。今年も11月15日から17日の3日間、パリで開催されます。まさにイノベーションの集結するこのイベントには450企業のスマート技術やID技術の世界市場の最新動向を見聞するため2万人の来場者と1300人の会議参加者が見込まれています。そして2011年の展示会における特別招待国はトルコです。

過去26年間、毎年開催されてきた歴史の中で、CARTES展は関連産業に従事する者にとって見逃せない機会であり続け、国際的サプライヤーに、電子決済、セキュリティ、通信、電子、情報、管理、流通の各分野の意思決定者との交流の場を提供してきました。現在、CARTES展は、参加国142カ国とさらに国際色を増し、ダイナミックな市場を反映するイベントになっています。

決済分野のイノベーションのただ中で
非接触ソリューションの拡充とモバイル決済用NFC端末の登場、また安全な電子取引と革新的な金融サービスのニーズが高まるなか、この2011年、カードおよび決済サービス業界は新たなソリューションの技術開発・共有の最前線にあります。
非接触決済技術は、5月26日午前9時よりパークハイアット・パリ・ヴァンドーム・ホテルにて開催される展示会のオープニング・コンファレンスにおける円卓会議でも議題として採り上げられる予定です。

IDentification:世界規模で拡大するID技術への課題
ヨーロッパの多くの国(*)での電子IDカードの導入、デジタル認証分野の諸プロジェクト、そしてサイバー犯罪対策の取り組みなど、ID技術はますます進歩しています。IDentificationでは、バイオメトリクス認証や認証ソリューションにおける最新のイノベーションを展示し、実用化に向けての極めて高い可能性を示します。
(*)オーストリア、ベルギー、エストニア、フィンランド、イタリア、オランダ、スペイン、スウェーデン

M2Mの大きな可能性
M2Mやモノのインターネットの応用技術に関しては、今年の展示会でも新しいビジネスチャンスが生み出されることでしょう。すでに数百万の機器が相互通信を行っている状況にあるM2Mですが、その高いポテンシャルに照らせば現段階はまだスタートラインに立ったばかりといえます。
またホームオートメーションやインテリジェント計器、医療データ管理の展開においては、個人情報のより一層の保護、データの整合性管理、データとOTAアプリケーションのセキュリティを備えた厳格な認証システムが不可欠です。

特別招待国:トルコ
ATM分野での欧州のリーディングマーケットを持つトルコは、カード製造数がここ5年で40%増加しており、新型の非接触ソリューションや会員向けポイントサービスの積極的な導入が行われているなど、数多くの飛躍のチャンスを秘めた国です。
トップバイヤーの代表団やテーマ別コンファレンス、そして新たなビジネスパートナーがこの有望な市場の実情を明らかにすることでしょう。
実際、トルコはすでに急成長しているICカードの分野でそのイノベーション能力を証明しています。トルコでは人口7780万人中6300万人が携帯電話のユーザーであり、決済技術業界にとっては大きな可能性を秘めています。都市部での非接触ソリューションの導入事例が増えており拡大を続ける一方、この分野で成長の見込まれる若年層の取り込みに各銀行がしのぎを削っています。

それだけではないCARTES & IDentification 2011

コングレ:業界最前線の国際会議
情報とノウハウが凝縮された3日間のコンファレンスには、1300人の参加者が、最新の技術開発、具体的な事例に対する経験的フィードバックを含めたマーケティングや戦略の課題について議論を交わします。140のコンファレンスでは、カードやID技術に関する個別のテーマ(モバイル決済、金融サービス、電子政府、安全なID認証、セキュリティ、信用と個人の保護、M2Mアプリケーション等)が扱われます。これは市場動向を理解するうえでまたとない機会で、来場者は必見です。開催を重ねるにつれ、コングレは業界リーダーと国際的な政策決定者の間の意見交換のための重要なプラットフォームに成長しました。

ワールドカードサミット:業界リーダーによる講演会
本展の口火を切るこのコンファレンスには、業界主要企業のCEOが参加します。市場の展望と各業種の将来動向に関する意見交換が行われ、Eruosmart(欧州ICカード工業会)がカード市場の動向に関する数字をいち早く紹介します。コングレのハイライトであり、昨年は400人以上が参加しました。

セサミ賞
セサミ賞は、国際的に認知されたICカード・ID技術分野の賞であり、この分野のイノベーションに贈られる比類ないタイトルです。セサミ賞は、受賞者にとって名声と信頼を確立し更なる飛躍を約束する栄誉であり、プロジェクトの成功を保証するものです。
同賞は、国際的な専門家によって審査選定され、ハードウエア、ソフトウエア、ID技術/カード、情報セキュリティ、輸送、銀行/商業/顧客サービス、モビリティー、トラステッドインターネット/認証ソリューション、電子取引、製造および試験など、各分野のベストプロジェクトに授与されます。
セサミ賞は関連分野すべての革新的プロジェクトに門戸を開いており、応募者数は年々増加傾向にあります。2010年には395件の応募があり、うち10件が受賞しています。

運営委員会
CARTES & IDentificationの運営委員会は、Ask、Gemalto、Giesecke & Devrient、HID、Infineon、 Ingenico、Morpho、NXP、Oberthur technologies、ST Microelectronics、Visaのデジタルセキュリティーおよびカード/認証技術のリーディングカンパニー各社から構成されています。

CARTES & IDentificationの最新情報については、www.cartes.com、www.blogcartes.com をご覧ください。

このプレスリリースの付帯情報

CARTES会場写真

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://www.cartes.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事