logo

就職活動における就活情報サイトとFacebook、Twitter利用動向

トピックス

■2011年3月度の大学・大学院卒業者(以下’11就活生)と2012年3月度卒業予定の現役大学・大学院生(以下’12就活生)の就職活動におけるFacebookの利用率は5.2%から9.0%と3.8%増、Twitterの利用率は9.8%から16.1%と6.3%増

■’12就活生の大手ナビサイトとFacebookとの併用率は10%台、Twitterとの併用率は20%台。それに対して、「JOBWEB」と「GOOD FIND」はFacebook、Twitterいずれも80%前後の併用率

■ソーシャルメディアの就職活動への利用目的に関して’11就活生と’12就活生の推移として、「OB・OGをフォロー(友達登録)する事での情報収集」が25%から48.1%、「採用担当や採用Facebookページをフォロー(友達登録)する事での情報収集」が20%から33.3%、「他の就活生をフォロー(友達登録)する事での情報収集」が35.0%から51.9%と軒並み増加

■Facebook友達数、Twitterフォロワー数に比例して、就活におけるソーシャルメディアの利用率が増加

ソーシャルメディアを活用した採用支援を行なう株式会社スゴログ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:中島 大)は、2011年3月度の大学・大学院卒業者及び2012年3月度卒業予定の現役大学・大学院生を対象に就職活動における就活情報サイトと「Facebook」、「Twitter」の利用動向について調査を行いました。
調査手法はインターネットリサーチ。調査期間は、2011年4月18日(月)~4月28日(金)。有効回答は348名(2011年3月度卒業者193人、2011年3月度卒業予定者155人)から得られました。


【調査結果】
1.就職活動におけるソーシャルメディアの利用率
・Facebookの利用率は5.2%から9.0%と3.8%増、Twitterの利用率は9.8%から16.1%と6.3%増

就職活動におけるFacebook、Twitter共に’11就活生に比べて’12就活生の方が利用率は増えており、特にTwitterに関しては対前年で6.3%増と大きく伸びていることが分かります。


2.‘12就活生における就職情報サイトとソーシャルメディアの併用動向
・‘12就活生における大手ナビサイトとFacebookとの併用率は10%程度、Twitterとの併用率は20%程度。それに対して、「Jobweb」と「GOOD FIND」はFacebook、Twitterいずれも80%前後の併用率

大手ナビサイトとソーシャルメディアの併用率は低水準であるの対して、「Jobweb」「GOOD FIND」はFacebook、Twitterいずれも80%前後の併用率と、メディア間での属性が近しいことが分かります。


3.ソーシャルメディアの就職活動での利用目的動向
・ソーシャルメディアの就職活動での利用目的を’11就活生と’12就活生で比較すると、「OB・OGをフォロー(友達登録)する事での情報収集」が25%から48.1%、「採用担当や採用Facebookページをフォロー(友達登録)する事での情報収集」が20%から33.3%、「他の就活生をフォロー(友達登録)する事での情報収集」が35.0%から51.9%と軒並み増加

‘11就活生と‘12就活生とのソーシャルメディア利用目的を比べると、友人以外の第三者との接触に対して積極的になっている傾向が分かります。


4. ‘12就活生におけるFacebook友達数、Twitterフォロワー数と就活でのソーシャルメディア利用有無との相関関係
・Facebook友達数、Twitterフォロワー数に比例して、就活におけるソーシャルメディアの利用率が増加

Facebookの友達数、Twitterフォロワー数が多い人ほど、就活にソーシャルメディアを活用している割合が高いことが分かります。


より詳しい内容は、PDFレポートをご覧下さい。
リンク

===================================
【本件に関するお問い合わせ】
■会社名 株式会社スゴログ
■担当者 中島 大
■TEL  03-6450-7991
■URL  リンク
■Email info@sugolog.com
===================================

関連情報
http://bit.ly/lCwdIo
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。