logo

建築系・汎用系3次元CADシステムとCG/グラフィックソフトを利用した「建築3Dパース検定」制度を創設~平成24年2月の第1回開催に向けて、順次情報を公開~

一般社団法人コンピュータ教育振興協会 2011年05月18日 15時06分
From PR TIMES

 一般社団法人コンピュータ教育振興協会(東京都港区、代表理事:和田成史、以下「ACSP」)では、建築系・汎用系の3次元CADシステムやCG/グラフィックソフトを用いた建築3Dパースの評価・表彰制度「建築3Dパース検定」を創設いたします。なお、本検定制度は、21年にわたり「CAD利用技術者試験」を主催する「社団法人コンピュータソフトウェア協会(以下、CSAJ)」による特別協賛と、株式会社インフォマティクス、エーアンドエー株式会社、オートデスク株式会社、グラフィソフトジャパン株式会社、株式会社シーピーユー、日本ユニシス・エクセリューションズ株式会社、株式会社ビーガル、株式会社フォーラムエイト、福井コンピュータ株式会社、メガソフト株式会社(50音順、5月18日現在)を始めとするサポート企業各社の協力の下、実施いたします。

 建築の3Dモデリングから表現されるCGパースを駆使したプレゼンテーションは、今や大型プロジェクトだけでなく、同ジャンルのソフトウェアの発展によって、中小規模の案件から一般住宅などの市場においても、日常的なものになっています。
 その結果、プロフェッショナルなユーザーから、3DモデリングによるCGプレゼンテーションやパース画作成を生業としないユーザー層まで、その市場が拡大しています。
 本検定制度は、こうした“3Dパースの大量消費時代”を担う人材の裾野拡大と、その技能の社会的価値化による就業支援、また同時に、目指すべき頂点のプロフェッショナル技能への社会的評価を喚起して、ユーザーならびに関連業界の発展に寄与することを目指しています。

 本検定制度の意義は、自らが作成した作品を、「第三者が客観評価」し、さらに優秀作品を「表彰」することにあります。「表現力」への評価は、得てして評価者の「好き」「嫌い」に左右されがちです。一方で、表現力だけを見ると、パース本来のリアルなモノ作りのための「正確さ」がおろそかにされてしまいます。本検定では、専門家によって作成された、正確さと表現力を客観的に評価するための「評価基準」をベースに、受験者の作品を評価いたします。さらに、作品の中から優秀者を表彰し、公式Webページ等で公開いたします。作品が第三者により客観的な評価を受け、さらに表彰されることにより、以下のようなメリットが享受されます。

 1.自身の実力が確認できます。⇒ 仕事や学習のレベル&スキルアップにつながります。
 2.自身の実力が評価されます。⇒ 就・転職時の自己アピールにつながります。
 3.自身の作品が公開されます。⇒ 表彰者の社会的な評価につながります。

本検定制度の概要は、下記Webページよりダウンロードいただけます。

■建築3Dパース検定情報ページ(※検定の正式ページは8月公開予定)
リンク

建築3Dパース検定の特徴
・課題提出型を採用
本検定制度では、集合型の一斉試験ではなく、決められた期間内に課題を作成し、提出する、「課題提出型」を採用いたします。受験希望者は申し込みから課題(問題)のダウンロード、課題の提出、そして評価の入手までを、すべて専用のWebページ上で行います。また、課題提出型とすることで、普段、授業や業務で利用しているソフトをお使いいただけます(複数ソフトの組み合わせもかまいません)。
・表彰制度も併せて実施
本検定制度では、「表彰制度」も併せて実施いたします。社会人および学生の中からそれぞれの最優秀者を毎試験に表彰し、最優秀者の解答データは、公式Webページにて公開します。検定としての個人評価だけでなく、表彰制度を設けてコンテスト的な位置づけを持たせることで受験へのモチベーションを高めます。

「第1回建築3Dパース検定」の実施概要
・主催:一般社団法人コンピュータ教育振興協会(ACSP)
・特別協賛:社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)
・実施日程:平成24年2月1日~7日
(2月1日に問題および資料を公開、7日までに作画データをアップロード)
・申込期間:平成23年11月15日~12月15日
・エントリー料:6,000円(第2回以降は一般10,000円、学生は6,000円)

【一般社団法人コンピュータ教育振興協会について】
一般社団法人コンピュータ教育振興協会(ACSP)は、CSAJを母体として平成21年2月に設立された非営利法人です。CSAJ主催「CAD利用技術者試験」「会計ソフト実務能力試験」の運営を通して培ったノウハウをもとに、検定試験の主催・運営および関連事業を行っております。
URL: リンク

【社団法人コンピュータソフトウェア協会について】
社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は、コンピュータソフトウェアに関わる企業約500社によって構成され、ソフトウェア産業の発展に貢献している公益法人です。政策提言、ベンチャー支援、ビジネスアライアンス、知的財産保護、税制改正要望、人材育成、国際交流など、さまざまな活動を通じて、ソフトウェア産業の発展に貢献しています。
URL: リンク

【「CAD利用技術者試験」制度について】
CSAJが主催し、ACSPが共催する「CAD利用技術者試験」は、平成2年の創設以来、現在までに延べ50万人を超える総受験者を誇る、国内最大規模のCAD技能資格です。本試験制度には、インターネットを利用した随時試験の「CAD利用技術者基礎試験」と、機械系・製造系の3次元CADの知識と技能を問う「3次元CAD利用技術者試験」、そして2次元系のCADシステムを利用する上での知識と技能を問う「CAD利用技術者試験」の3種類があります。
URL: リンク

【一般の方からのお問い合わせ先】
建築3Dパース検定試験センター E-Mail: pers_cs@acsp.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。