logo

ポータブル燃料電池の出荷数は2017年に年間700万

米国の市場調査会社パイクリサーチ社は出版レポート「ポータブル電力アプリケーション向け燃料電池市場分析と予測:ポータブル電子機器、外部充電器、遠隔モニタリング、軍用アプリケーション
Fuel Cells for Portable Power Applications - Portable Electronics, External Battery Chargers, Remote Monitoring, and Military Applications: Market Analysis and Forecasts」のプレスリリースにおいて、2015年にはポータブル燃料電池の大規模な商業化が進むだろう、との予測結果を発表しました。

燃料電池は、エレクトロニクス、バッテリーチャージャ、遠隔モニタリング、軍事用途などのポータブルデバイスにおける、クリーンで信頼性の高い電源として注目されつつある。近年、燃料電池メーカーやエレクトロニクス企業や販売業者は、大規模の商業化に備えて、新しいアプリケーションの各社の技術を示そうとしている。最大の課題はコストと技術規格で、まだ大きな課題は残ってるにせよ、現時点での製品開発によって、2015年にはポータブル燃料電池の大規模な商業化が進むだろうと、米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「ポータブル電力アプリケーション向け燃料電池市場分析と予測:ポータブル電子機器、外部充電器、遠隔モニタリング、軍用アプリケーション - Fuel Cells for Portable Power Applications: Portable Electronics, External Battery Chargers, Remote Monitoring, and Military Applications: Market Analysis and Forecasts」は予測している。2017年には、ポータブル燃料電池の出荷数は年間700万になるだろう。


「燃料電池技術は、バッテリー、ディーゼル発電機、太陽電池システムなどの既存のソリューションよりも大きな潜在性がある。燃料電池の発電機は、従来の化石燃料よりも静かで、持続時間が長く、二酸化炭素排出量が少なく、天候に関係なく利用できる」とパイクリサーチ社のEuan Sadden氏は語る。


これらの利点にもかかわらず、燃料電池サプライチェーンと製造コストに関して大きな障害があるとも指摘している。コンポーネントとシステムの普遍的な業界基準の採用は来年中に行われ、コストを削減を助けるだろうが、その目標が実現されるにはまだまだ問題が残る。さらに、日本と韓国のエレクトロニクス企業が、製品の製造能力の促進と燃料電池技術の統合に注力することが不可欠であるだろうとしている。


【調査レポート】
ポータブル電力アプリケーション向け燃料電池市場分析と予測:ポータブル電子機器、外部充電器、遠隔モニタリング、軍用アプリケーション
Fuel Cells for Portable Power Applications
Portable Electronics, External Battery Chargers, Remote Monitoring, and Military Applications: Market Analysis and Forecasts
リンク


◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事