logo

日本吹奏楽CDのハ゜イオニア『ニュー・サウンズ・イン・ブラス』40年間の全39作品377曲人気投票実施!最新作も好評発売中

株式会社EMIミュージック・ジャパン 2011年05月13日 16時00分
From PR TIMES



世界的な吹奏楽大国である日本は、”現役”の吹奏楽人口だけでも100万人といわれ、経験者まで含めると「500万人を超える」とも言われています。全日本吹奏楽連盟に加盟している団体だけでも14,295団体 (2010年10月1日現在)あり、社会人バンド・ママさんブラスまで、幅広い年代で親しまれています。テレビでも『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!日本列島 吹奏楽の旅』(日本テレビ系)が度々オンエアされ、昨年末の「NHK紅白歌合戦」フィナーレにブラスバンドが登場するなど、ここ数年、吹奏楽の人気がますます高まっています。

吹奏楽では、通常、さまざまなジャンルの音楽を吹奏楽向けにアレンジされた楽曲、吹奏楽編成で作曲されたオリジナルの楽曲から演奏楽曲を選び、レパートリーとして演奏しています。そのため、さまざまなジャンルの楽曲や最新ヒット曲の吹奏楽向けのアレンジが求められています。
そんな日本の吹奏楽界に毎年新たなアレンジ楽曲を提供し、支えてきたのが「ニュー・サウンズ・イン・ブラス(NSB)」です。1972年にスタートし、今年39作が発売されたこのシリーズは日本吹奏楽レコード・CDで最も長い歴史を刻んでいます。日本の吹奏楽のパイオニアであり今なお現役のMr.ニューサウンズ、岩井直溥(いわい なおひろ)氏(作曲・編曲家、指揮者)と「東京佼成ウインドオーケストラ」との最強のタッグを中心に毎年1枚をリリース。毎作、人気曲・話題曲から要注目の映画・テレビ音楽までカバーし、数千枚でヒットといわれる吹奏楽のCDで、毎作1万枚以上、トータル・セールス60万枚を超える、吹奏楽経験者なら誰もが知っている大ヒットシリーズです。
最新作『New Sounds in BRASS 2011』(2011年4月20日発売)は、坂本冬美、AKB48、KARA、少女時代他J-POP、K-POPなどの人気曲・話題曲をNSBシリーズならではのアレンジとサウンドで収録、既に話題になっています。

EMIミュージック・ジャパンでは、このたび、来年2012年に40作目発売というアニバーサリー・イヤーを迎えることを記念し、『New Sounds in BRASS』スペシャル・サイトをオープンしました(リンク)。このサイトでは、これまで発売された全39作品とそれぞれの収録楽曲を掲載しています。
また、5月13日(金)から「あなたの思い出の曲・人気投票」とし、NSBに収録された全377曲を対象とした人気投票を実施します(8月31日(水)18時締切)。「中3の定期演奏会でこの曲のソロを吹いた」、「高2の文化祭の時、この曲でタクトを振った」など、一人一人の“思い出の曲”“好きな曲”をシリーズ全39作品の発売年や収録曲から選択いただき、一回につき3曲まで投票いただけます。投票結果は、毎月、中間結果を発表する予定です。

当社では、この『New Sounds in BRASS』スペシャル・サイトをきっかけに、NSBのファンの皆様に、当時の仲間や演奏、練習といった思い出を振り返っていただき、音楽への“想い”や音楽でつながれた“絆”を思い起こしていただく一助となれればと考えています。
また、来春発売予定のシリーズ40作『New Sounds in BRASS 2012』を、日本の吹奏楽における記念すべきシリーズのアニバーサリーと位置づけ、今回の投票結果を選曲や作品構成の参考にしていきます。
EMIミュージックでは、今後も、「吹奏楽」のジャンルをNSBシリーズをはじめ、関連CDの制作・発売、旧譜作品の紹介、着うた(R)やPC配信など、積極的に展開していきます。
----------------------------------------------------------------
■岩井直溥 先生からのコメント
「日本の吹奏楽レコード・CDシリーズとして、振り返ってみれば39作続いてきた『ニュー・サウンズ・イン・ブラス』シリーズ。スタート当初はこれほど長く続くとは予想もせず、ただ夢中で作っていました。
シリーズ初期キャッチコピー“抜群の選曲と演奏、そしてダイナミックなサウンドによるブラス・ポップス・レコードの決定盤!!”に集約されるように、このシリーズは昔も今も変わらず『ニュー・サウンズ・イン・ブラス』ならではの内容を目指しています。
この度、次の40作に向けて、このような過去作を全て眺められるスペシャル・サイトが出来たのは大変喜ばしく思います。このシリーズで育った皆様・ファンでいてくださる皆様に、数々の思い出の曲を投票して頂けたらと思います。どんなランキングになるのか、私も楽しみです。」

----------------------------------------------------------------
■『New Sounds in BRASS』スペシャル・サイト(PC)
 リンク
・シリーズ第1作から最新39作までの全商品データを掲載!
・「あなたの思い出の曲・人気投票」実施(5/13~8/31 18時迄)
----------------------------------------------------------------
■『New Sounds in BRASS 2011』
【発売日】2011年4月20日発売
【品番】TOCF-56092
【価格】¥2,800円(税込)

指揮:小林恵子、監修:岩井直溥、演奏:東京佼成ウインドオーケストラ、
ゲスト:織田浩司(T.Sax)、エリック宮城(Tp)、中川英二郎(Tb)、萩谷清(EG)、松本茂(B)、そうる透・阿野次男(Dr)
録音:2011年1月18、19日(サウンドイン・スタジオ)

【収録楽曲】
1. J-POPメドレー ~Girls編~ (編曲:三浦秀秋)
会いたかった~ポニーテールとシュシュ~RIVER~桜の栞~ヘビーローテーション
2. 上を向いて歩こう (編曲:天野正道)
3. いとしのエリー (編曲:金山 透)
4. K-POPメドレー ~Girls編~ (編曲:木原 墨)
Gee~GENIE~ミスター~ジャンピン
5. ジャパニーズ・グラフィティXVI 坂本冬美メドレー (編曲:星出尚志)
あばれ太鼓~また君に恋してる~夜桜お七
6. また逢う日まで (編曲:岩井直溥)
7. アメリカン・グラフィティXXI ルイ・アームストロング・メドレー (編曲:岩井直溥)
黒い瞳~我が心のジョージア~君ほほえめば
8. 塔の上のラプンツェル・メドレー (編曲:星出尚志)
自由への扉~誰にでも夢はある~王国でダンス~輝く未来~自由への扉
9. ロミオとジュリエット (編曲:真嶋俊夫)
10. パイレーツ・オブ・カリビアン・メドレー (編曲:森田一浩)
黄金のメダル~ジャック・スパロウ~デイヴィ・ジョーンズ~彼こそが海賊

*レコチョク(R)他、主要配信サイトにて着うた配信中、iTunesほか、PC配信中

----------------------------------------------------------------

【ご参考】
■「東京佼成ウインドオーケストラ」プロフィール  リンク
1960年5月、立正佼成会附属の佼成吹奏楽団として結成、1973年に東京佼成ウインドオーケストラと改称し、現在に至る。歴代常任指揮者に汐澤安彦氏、宇宿允人氏、平井哲三郎氏、フレデリック・フェネル氏、ダグラス・ボストック氏が名を連ね、2010年には、ポール・メイエ氏が首席指揮者に就任した。
国内における公演数は、定期演奏会をはじめ地方公演、学校音楽鑑賞教室、福祉訪問コンサート、バンド・クリニックなど、年間100回を超える。録音活動では現在までに300種以上のCDをリリース。さらに近年は、TV出演により各方面から大きな注目を集めている。
海外における公演は、1989年に楽団初のヨーロッパ公演を行って以来、多くの音楽祭などから招聘され、2010年10月に開催された「楽団創立50周年記念ヨーロッパツアー」においても大成功を収めた。
創立50周年を迎えたこの楽団に対する期待と注目は、ウインドミュージック(吹奏楽)という分野における礎の確立のみならず、そのさらなる進化や発展への貢献など枚挙にいとまがない。
[主な受賞]
・文化庁芸術祭「レコード部門」優秀賞(CD黛敏郎管楽作品集「トーンプレロマス55」)
・第49回日本レコード大賞 企画賞(CD「ブラバン!甲子園」)
・第22回ゴールドディスク大賞 クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー(CD「ブラバン!甲子園」)など
[主な出演]
・TBSテレビ系列「第48回 輝く!日本レコード大賞」オープニングアクト(指揮:齊藤一郎) 2007
・日本テレビ系列「第85回 箱根駅伝」テーマ曲収録(指揮:久石 譲) 2009  など

■岩井直溥 プロフィール
 1923年10月2日生まれ。1947年、東京芸術大学器楽科(ホルン専攻)卒業。芸大在学中よりアニーパイル・オーケストラに所属し、トランペット奏者として活躍、その後、フランキー堺が新しく編成したシティ・スリッカーズにプレイヤー兼アレンジャーとして加わり、本格的なアレンジャーの道に進む。1959年より東芝EMI (現・EMIミュージック・ジャパン)専属アレンジャーとなり、現在は、その仕事のかたわら、全国各地のバンド・クリニック、及び定期演奏会にて活躍中であり、ポピュラーを中心とした作・編曲は3,000曲を超えている。「ニュー・サウンズ・イン・ブラス」シリーズではスタート当初より今日に至るまで指揮、アレンジを担当している。

■「ニュー・サウンズ・イン・ブラス」について
日本吹奏楽のレコード・CDとして最も長い歴史を誇る『ニュー・サウンズ・イン・ブラス(NSB)』シリーズ。1972年発売の第一作から基本的に1年に1枚のリリースを重ね、最新作は39作(2011年発売)を数える。
【岩井直溥(指揮)&東京佼成ウインドオーケストラ(演奏)】で、その時々の話題曲や人気曲を厳選しNSBならではのアレンジとサウンドで制作している。ポップス、ロック、歌謡曲、演歌からクラシックまで、幅広いジャンルを網羅しているのも特長。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事