logo

医療と保健のロボット技術

手術、介護、遠隔医療、その他の用途

過去10年間、医療用のロボット技術は長足の進歩を遂げてきており、人間に代わることはできないまでも、現在の外科医、セラピスト、その他の医療従事者の業務をおおいに拡張し補助している。このようなロボットは一般に、患者の安全に関する配慮への医療従事者の肉体的負担を軽減し、意思決定や分析能力に関する能力に振り向けることができる。この調査レポートは、世界(北米、ラテンアメリカ、東欧、西欧、アジア太平洋、中東、アフリカ)の、2010-2016年の医療用途のロボット市場を調査している。医療用ロボットの発展を用途毎に区分して概観し、出荷数、収益予測、平均価格、部品出荷数、収益傾向、価格などを区分毎に記載している。医療用ロボットの普及の実態と今後の成長の見通しについて描き出し、アプリケーションと産業の展望の両面からの動向と発展を調査している。


【調査レポート】
医療と保健のロボット技術:手術、介護、遠隔医療、その他の用途
Healthcare and Medical Robotics
Surgical, Assistive, Telemedicine, and Other Applications
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。