logo

ブランディア、日本プロ野球名球会のチャリティイベントに協賛 宅配買取で子供用グローブの寄付を募り、『災害メッセンジャー』を通じて被災地の子供たちへ 輸送料を全額負担

ブランド品宅配買取&オークションサイト『ブランディア』を運営する株式会社デファクトスタンダード(本社:東京都大田区 代表取締役:竹内拓)は、東日本大震災の被災地に『日本プロ野球名球会』会員が慰問し野球用品を持参(無料提供)するチャリティイベントにあわせ、全国から寄せられたグローブを被災地の野球少年たちにお届けすることといたしました。

『ブランディア』では、4月22日よりブランド品宅配買取ダンボールの“不用なスキマ”と「送って戻ってくる」宅配買取ならではの“物流の仕組み”を活用して、全国から少年用グローブの寄付を集めておりました。(通常、寄付にかかる国内送料を、当社及び災害支援組織『災害メッセンジャー』が個人消費者に代わって全額負担)

この取り組みで集められたグローブは、当初は被災地の小学校等に寄付される予定でしたが、今回、『災害メッセンジャー』を通じて『日本プロ野球名球会』の慰問イベントの際に被災地にお届けできることとなったため、少年用グローブの募集を再開いたします。
■「ダンボールのスキマで震災寄付」実施概要

■参加条件:応募期間中にお申込みいただき、商品到着受付期限までに商品到着が確認できたお客様
■参加方法:不用になったブランド品(1点以上)と少年用硬式グローブを同じダンボールで発送
■申込期間:2011年5月12日(木)~2011年5月19日(木)
■商品到着受付期間:2011年5月20日(金)必着
※詳細はこちら:リンク
■企画背景

・「グローブ」の選定について

震災の後の支援物資としては、生活必需品の食糧や衣類などの支援が優先され、子供たちへの娯楽の供給はまだまだ圧倒的に不足しているのが現状と考えられます。

そんな中、ブランディアのユーザーは30代~40代の女性が約50%を占め、小学生を子供に持つ母親世代が多いことから、電源の不要な野球などのスポーツ関連物資をご提供頂き、被災地に暮らす子供たちにこれらの娯楽を提供することで、笑顔と日常を取り戻す一助となればと考えております。











【株式会社デファクトスタンダード:リンク

不用になったバッグ・アクセサリー・時計・衣類などのブランド品を、送料・査定料・返送料すべて無料で買い取りを行う宅配買取サービス「ブランディア」を運営。インターネットに特化し、店舗を持たずに宅配買取のみで展開している日本で唯一の【買取サービスモデル】として、リユース商品を通じた循環型社会の構築に努める。

社名:株式会社デファクトスタンダード

代表者:代表取締役社長 竹内拓

所在地:東京都大田区平和島6-1-1 TRC,BE2-3

資本金:8,975万円     設立:2004年4月

【お問い合わせ先】

経営企画室:尾嶋 崇遠(おじま たかとお)

E-mail:press@defactostandard.co.jp

TEL:03-3764-5112 FAX:03-3764-5198

ブランディア:リンク  ブランディアオークション:リンク

Yahoo!オークションブランディア店:リンク



【日本プロ野球名球会:リンク

昭和生まれの日米通算2000本安打・200勝・250セーブを達成した現旧プロ野球選手の会員組織。「社会の恵まれない人達への還元と日本プロ野球界の底辺拡大に寄与する」ことを目的に1978年(昭和53年)7月24日に発足。1981年9月8日に株式会社に法人化し、2010年10月15日に一般社団法人となる。

公式HP:リンク



【災害メッセンジャー:リンク

 東京・関東を中心にバイク便運送事業から大型精密機器輸送まで対応する総合物流業者の株式会社トラスト・エキスプレスらにより立ち上げられた、民間による災害支援組織。被災地への定期便による安定的な支援物資の供給を実現している。

公式HP:リンク




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。