logo

セシオス、SaaS型シングルサインオン/統合ID管理サービス SeciossLink提供開始

株式会社セシオスは、平成23年5月16日より「SeciossLink」の提供を開始することを発表しました。SeciossLinkは、シングルサインオンと統合ID管理をセットにしたSaaS型のサービスです。

SeciossLinkでは、Google AppsやSalsforceなどのSaaSサービスからプライベートクラウドや社内のオンプレミスのシステムまで、統合的にシングルサインオンとID管理を行うことが可能です。 Amazon Web Sservice・Nifty Cloud Service などのクラウド環境のLinuxアカウントも統合管理することができます。
Secioss Identity Suite Cloud Edition(オープンソース)を各システムに導入いただくことで、システム側のカスタマイズを行うことなく、シングルサインオンとID管理が可能になり導入が短期間に行えます。

SeciossLink の機能は以下の通りです。
・シングルサインオン(SAML認証、社内のActive Directoryによる認証)
・統合ID管理(SaaS、プライベートクラウド、オンプレミス、社内のActive DirectoryとのID連携)
・パスワードポリシー(パスワード有効期間、パスワード履歴など)
・アクセス制御(ユーザ、グループ、IPアドレス、時間帯での制限)

利用料金は、1ユーザにつき、基本料金 月額150円とシステム連携オプション料金 月額15円(/1システム)となっております。利用ユーザ数をもとにした料金体系で、新規にサーバを導入する必要もありませんので、導入コストを削減することができます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事