logo

インフォマティカ、2011年第1四半期の記録的な業績を発表 - 売上1億6,800万ドル - ライセンス収益の成長率30%を達成 -

・ 第1四半期総売上は前年比24%増、1億6,800万ドルの記録的な数字
・ 第1四半期ライセンス総売上は前年比30%増、7,150万ドルの記録的な数字
・ 第1四半期のGAAPベースの1株あたり収益(希薄化後)は$0.20、非GAAP
ベースの1株あたり収益(希薄化後)は$0.28

米国カリフォルニア州レッドウッドシティ発 - 2011年4月21日 - データ
インテグレーションソリューションにおける独立系リーディングプロバイダー
Informatica Corporation(本社: 米国カリフォルニア州レッドウッドシティ、
NASDAQ: INFA、以下「インフォマティカ」)は本日、2011年3月31日に終了した
第1四半期の決算を発表しました。

インフォマティカの会長兼CEO(最高経営責任者)ソヘイブ・アバシ(Sohaib
Abbasi)は次のように述べています。「クラウドコンピューティングとBig Dataと
いうITにおける世間一般のトレンドによって当社の対応できる市場が広がった
と共に、企業の IT 環境においてデータ統合が果たす役割の重要性も今まで
以上に高まってきました。当四半期の実績は、このようなお客様にとって最も
優先度の高いニーズに対し、当社が高い価値を提供していることがあらためて
示された結果であると言えるでしょう。現在のように先行きが不透明な時代に
おいて、データの統合はこれまでにないほど重要な意味を持っています」

2011年第1四半期(3月31日終了)の主なトピック

2011年第1四半期の売上高は前年同期比24%増の1億6,800万ドル(前年同期は
1億3,510万ドル)、ライセンス契約の売上高は前年同期比30%増の7,150万ドル
(前年同期は5,500万ドル)でした。

また、US GAAP(Generally Accepted Accounting Principles: 一般に認め
られた会計原則)に基づく利益は前年同期比114%増の3,190万ドル(前年同期は
1,490万ドル)でした。

2011年第1四半期のGAAP純利益は前年同期比66%以上の増加となる2,190万
ドル、希薄化後の1株当たり純利益は$0.20でした(前年同期は1,180万ドル、
$0.12)。2011年3月31日および2010年3月31日に終了した3か月間についての
希薄化後1株あたり純利益は転換した場合を基準に計算しており、それぞれに利息、
転換社債発行原価の償却、適用される純所得税が含まれています(前者は80万
ドル、後者は100万ドル)。

2011年第1四半期の非GAAP営業利益は前年同期比48%増の4,460万ドル(前年
同期は3,020万ドル)、非GAAP純利益は前年同期比33%以上の増加となる3,090万
ドル、希薄化後の1株当たり純利益は$0.28でした(前年同期は2,110万ドル、
$0.21)。非GAAP営業利益および非GAAP純利益には、取得した技術および無形
資産の償却、施設整理、買収、その他の諸費用、投資収益ならびに株式報酬に
関連する手数料および税務上の利益は含まれていません。 GAAPベースおよび
非GAAPベースの比較結果は下記をご参照ください。

2011年1月以降のその他の主なトピック

・ 252の企業から追加受注
インフォマティカのお客様は、導入したソリューションから継続的に高い価値を
手にしています。当四半期、Best Buy Europe社、Express Scripts社、
John Wiley & Sons社、Logitech社、McGraw-Hill Companies社、
Schneider Electric Industries社、Vale社といった企業・組織がインフォマティカ
ソリューションの継続使用を決定しました。

・ 68のお客様と新規契約
当四半期も顧客数は順調に増加し、合計4,350社となりました。当四半期に新規
契約したお客様は、Art.com社、Cannery Casino Resorts社、DineEquity社、
Dunnhumby社、Leaf Holland社、PKO Bank Polski社、UltraTech Cement社など
です。

・ 初の2ティア クラウドERPソリューション提供でNetSuite社とパートナー
契約を締結
インフォマティカが提供するエンタープライズ データ統合テクノロジと市場を
リードするNetSuite社のクラウドERPスイートを組み合わせることで、グローバル
企業はクラウドベースのERPソリューションによって既存の自社運用型エンター
プライズ システムを拡張・統合し、各国の子会社および事業部をサポートする
ことが可能になります。

・ インフォマティカ ユーザーのLMAX社、「Best Trading System」賞を受賞
ロンドンで開催された『Financial Services Technology Awards』において、
Informatica Ultra Messagingを基盤にしたLMAX社のマルチラテラル トレー
ディングシステムが栄えある「Best Trading System」賞を受賞しました。

・ Software & Information Industry Association主催の第26回
『Annual CODiE Awards』において2部門で最終ノミネート
Informatica Cloud が「Best Cloud Management Solution」(最優秀クラウド
管理ソリューション)および「Best Integration Solution」(最優秀統合
ソリューション)の2部門で最終ノミネートされました。毎年業界各社が選ぶ
同イベントで最終ノミネートされたことは、ソフトウェアおよび情報業界における
インフォマティカの卓越した実績、革新性、ビジョンが認められたことを意味
します。

・ 年間業界ベンチマークで「Best of The Best」に認められる
Service Performance Insight (SPI) Research社の
『2011 Professional Services Maturity Model Benchmark Survey』(2011年
プロフェッショナル サービス成熟度モデルベンチマーク調査)において、調査
対象の全プロフェッショナル サービス企業・組織中、インフォマティカのプロ
フェッショナル サービスは上位5%にランクインしました。 SPI Research社が
毎年実施しているこのベンチマークでは、業界リーダー各社に対するパフォー
マンスが評価されます。

・ 第5回「Annual Stevie Awards for Sales and Customer Service」
(年間スティービー セールス&カスタマーサービス大賞)に最終ノミネート
インフォマティカのグローバル カスタマー サポートが
「Innovation in Customer Service」部門で最終ノミネートされました。この賞は、
顧客の業績向上への貢献において卓越した実績を示したカスタマー サービス/
セールスのプロフェッショナルに贈られます。


インフォマティカ社について
Informatica Corporation (NASDAQ: INFA) はデータ インテグレーション
ソフトウェアおよびサービスにおける世界No.1独立系プロバイダーの1社です。
今日のグローバルなインフォメーション エコノミー(情報経済)環境において、
世界中の企業がタイムリーで信頼できる最適なデータによって、最も重要な
ビジネスニーズを満たし競合優位性を手にしています。 現在、インフォマティカ
のデータ統合およびデータ品質のソリューションは世界4,350社を超える企業
において、企業内やクラウド等の企業外に保有する既存情報資産へのアクセス
や統合の実現に活用されています。 インフォマティカに関する詳細はインフォ
マティカ・ジャパン株式会社(代表03-5229-7211)までお問い合わせいただくか、
弊社 Web サイトリンク をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。