logo

パイオニアソリューションズ、ディスカッションテーブル「WWS-DT101」を新発売

Kawasaki, May 11, 2011 - ( JCN Newswire ) - 昨今、PC やスマートフォン、クラウドサービス、モバイル連携技術などの情報端末やツールを用いて、効率的な会議運営を図っていきたいというニーズが高まっています。

このたび、パイオニアソリューションズ(株)は、ソフトウェアとネットワーク技術を活用した独自のインターフェイスを搭載したディスカッションテーブル「WWS-DT101」を発売します。本システムは、必要なコンテンツをすばやく表示でき、コンテンツに書き込める機能などを搭載しており、各種レビューやプロジェクトの創発会議などさまざまな場面において、効率的で創造的な会議運営を行うことができます。

なお、ディスカッションテーブル「WWS-DT101」は、5月11日から13日にかけて、東京ビッグサイトで行われる「オフィスサービスエキスポ2011」のパイオニアソリューションズブース(西ホール16-57)に展示いたします。

【主な特長】

1) 必要なコンテンツをすばやく表示できる「メディアハブ」機能を搭載

PC、スキャナー、デジタルカメラ、iPadなど、さまざまな情報端末を接続するだけで、アナログ、デジタルいずれのファイルも、必要な情報をディスカッションテーブル上に簡単に表示できます。 また、静止画やハイビジョン動画、PCの画面など複数のコンテンツを同時に表示することができます。

2) 簡単に操作ができる「カードオペレーション」機能を搭載

コンテンツは、タッチパネル操作により、自在に拡大や縮小、書込みなどを行うことができます。また、参加者全員でコンテンツを加工しながら打ち合わせすることができます。

3) 訴求力と理解度を高める「表示マネージメント」機能を搭載

コンテンツを、一覧に表示して比較したり、レイアウトの校正などを行うことができます。参加者の理解度の向上を図るための多彩な表示機能を有しています。

また、本機には、サブディスプレイ※1を接続(最大2台)することができ、コンテンツをサブディスプレイに表示することができます。サブディスプレイを使ってコンテンツを複数同時表示や比較表示することで、訴求力の高いプレゼンテーションを行うことができます。

4) 離れた場所から会議に参加できる遠隔会議連携機能

ディスカッションテーブルは、離れた場所から会議に参加できる遠隔会議(サイバーカンファレンスシステムプライム)と接続して使用することができます※2。遠隔地のPCへコンテンツを送ることができます。

商品名:ディスカッションテーブル
型番:WWS-DT101
希望小売価格:オープン価格
発売時期:7月下旬(受注開始)

主な仕様など詳細は下記URLをご参照ください。
リンク

※1 サブディスプレイは、別途手配が必要となります。
※2 利用にはサイバーカンファレンスプライム(別売)とサブディスプレイが必要になります。

この商品に関するお問い合わせ先
一般のお客様:
パイオニアソリューションズ(株)
TEL044-580-3226

概要:パイオニア株式会社

詳細は リンク をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。