logo

洋上風力発電の発電量は今後6年間に急拡大

米国の市場調査会社パイクリサーチ社が出版レポート「洋上風力発電の市場調査:市場将来性と課題、技術動向、関連企業情報、世界の生産能力、収益予測 - Offshore Wind Power:Market Opportunities and Challenges, Technology Issues, Key Industry Players, and Global Capacity and Production Revenue Forecasts 」のプレスリリースにおいて、洋上風力発電への投資額は、今後数年間増加し2011-2017年に4.1ギガワットから70.1ギガワットと約17倍に増加するだろう、との予測結果を発表しました。

世界の風力発電への投資の拡大が継続し、電力供給における風力発電の割合が拡大するに伴って、風力発電の発電量をさらに増大する手段としての洋上風力発電ファームが、開発業者、製造業者、政府、投資家などの注目を集めつつある。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「洋上風力発電の市場調査:市場将来性と課題、技術動向、主要関連企業、世界の発電能力、収益予測 - Offshore Wind Power: Market Opportunities and Challenges, Technology Issues, Key Industry Players, and Global Capacity and Production Revenue Forecasts」は、いくつかの課題はあるものの、洋上風力発電への投資額は今後数年間増加し、2011-2017年に4.1ギガワットから70.1ギガワットと約17倍に増加するだろうと予測している。


「世界の風力発電の発電源の大規模なものは主に洋上にある。潜在力の高いこれらの地域は、人口の多い都市の中心部に近い海の浅瀬にある。米国の五大湖やカナダ中西部などの淡水の水上風力発電への注目も高まっている」とパイクリサーチ社のシニアアナリストPeter Asmus氏は語る。


Asmus氏は、欧州ではすでに過去10年近く、風力タービンを稼働してきたと指摘している。デンマークは、発電量に風力発電が占める割合がすでに25%を上回り、市場開拓者である。しかし、現在の欧州市場を主導しているのは英国である。ドイツも、海岸線が北海に限定されているにもかかわらず、洋上風力発電への投資を積極的に行っている。しかし、洋上風力発電への投資の動向は、欧州に留まらない。実際、この調査レポートによれば、中国の洋上風力発電市場が、欧州市場とともに2017年までの市場を牽引するだろう。


しかし、パイクリサーチ社の分析によれば、洋上風力発電にはいくつかの大きな市場課題があり、その最たるものはコストである。洋上風力発電は、地上の風力発電よりもコストが高く、2-3倍のかかる場合もある。よりよいコスト効率を達成するために、風力産業は、5-10メガワットのより大きなタービンの採用と、より大きなファームの構築を模索している。Asmus氏は、洋上風力発電産業に長期的に求められるのは、エネルギーコストを現在の半分以下にして、2030年にキロワット/時に10セントに近づけることであるとしている。市場に参加する企業も、ベッセル、基礎、出力装置の最適化などの革新によって、導入コストの削減、インフラのサポート、継続的な運用、メンテナンスに注力している。


この調査レポートは、世界の洋上風力発電市場の市場機会を分析し、市場が直面する主な市場課題を精査している。市場の今後の方向性に影響を与える技術革新や、主要な企業の詳細なプロフィールをそれぞれのSWOT分析とともに記載している。2017年までの発電総量、導入コスト、収益を、地域と国毎に予測している。


【調査レポート】
洋上風力発電の市場調査:市場将来性と課題、技術動向、関連企業情報、世界の生産能力、収益予測
Offshore Wind Power
Market Opportunities and Challenges, Technology Issues, Key Industry Players, and Global Capacity and Production Revenue Forecasts
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事