logo

表編集と改版管理に対応したテキスト編集ソフトの公開テストを開始

メガソフト株式会社(大阪府吹田市、代表取締役:井町良明)はテキストエディタ「MIFES(マイフェス)」の最新バージョン「MIFES9」(仮称)の公開テスト版(パブリックベータ版)を、2011年5月10日より無償で配布開始いたします。

■表(CSVデータ)編集の追加や改版管理システムとの連携で作業効率を向上

「MIFES」は1985年の発売以来、幅広い分野の業務に使用されているテキストエディタです。
巨大なテキストデータを高速に読み込み、検索・置換などの編集作業を軽快に実行できるツールとして、プログラミング、Web制作、データ加工など、IT分野から研究者、編集者まで様々な分野のプロフェッショナルに支持をいただいています。

今回の新バージョンは、ユーザーアンケートでいただいた要望をもとに、表(CSVデータ)編集機能の強化や検索・置換の操作性向上、grepの機能拡張、改版(バージョン)管理システムとの連携などを実現し、より効率よくテキストを編集できるようになりました。

メガソフトではこのパブリックベータ版の公開により、MIFESユーザー様はもちろん、現在MIFESをご利用になっていない多くの方にもご評価いただき、さらなる機能アップと品質向上を目指して開発を進めてまいります。

本製品の正式発売は2011年7月を予定しています。

■バージョンアップポイント
【強化された表(CSVデータ)編集機能】

CSV、TSV、ログなどのレコード系データのセル表示・編集
改行のあるセルを折り返し表示
巨大なデータファイルも軽快に編集が可能
列のカット&ペースト、指定した列内での検索/置換、行ソートが可能

【視認性・操作性を向上した検索、置換】

検索、置換文字列欄の複数行表示に対応
改行・全角スペース・タブなどを編集画面と同じ記号、色で表示可能
ワイルドカードや正規表現のメタ文字を色替え表示
これまでのMIFESタイプに加え、Perlタイプの正規表現検索が可能

【機能拡張した強力なgrep(グローバル検索)】

検索時に除外するフォルダーとファイルの設定が可能
検索位置の指定に「カレントファイルの上位フォルダー」「開いているファイル」を追加
エクスプローラで対象フォルダを選択して、grepを実行可能

【改版(バージョン)管理システム(※)との連携】

チェックアウト/チェックイン、履歴表示、比較などの操作をMIFESから実行
「Subversion」、Microsoft社「VSS(Visual SourceSafe)」に対応
「Subversion」 --- コミット、更新、ロック、アンロック、履歴表示、比較、リポジトリ表示 など
「VSS」 --- チェックアウト、チェックアウト取消、チェックイン、ソース管理へ追加、履歴表示、比較 など
(※)改版(バージョン)管理システム:主に複数のメンバーの作業において、ソースコード、Webコンテンツ、ドキュメントなどの変更履歴を管理するシステム。

<その他のバージョンアップ項目>

行のソート(sort)、単一化(uniq)機能を搭載
ファイル名タブの移動、閉じる・新規作成ボタンを追加
Ctrlキー+マウスのホイール操作で文字サイズの拡大/縮小
UNDOバッファをほぼ無制限に拡大

MIFES9ベータ版公開サイト
リンク


本リリースの詳細はこちらをご覧ください。
リンク

このプレスリリースの付帯情報

表(CSVデータ)編集画面

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事