logo

レコチョクが「五月病に効くうたランキング」を発表!1位はいきものがかり「じょいふる」2位はAKB48「ヘビーローテーション」



株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区渋谷、 代表執行役社長:加藤裕一)は、本日5月6日(金)、ユーザー投票による“五月病に効くうたランキング”を発表しました。これは、新生活が始まってから数週間経過した4月下旬から5月上旬にかけて「レコチョク 音楽情報」サイトで実施したユーザ投票により決定したものです。

最も票を集めたのは、いきものがかり「じょいふる」。
2009年9月23日に発売された「YELL」との両A面シングルです。

「ノリノリアップテンポな感じが気分をアゲてくれる!」(10代・女性)「最初から最後まで気持ちがハジケそう」(10代・男性)など、軽快でアップテンポな曲調が支持されているのに加えて、「めちゃテンション上がるし踊りたくなっちゃう」(10代・女性)「歌って、あの踊りを踊れば気持ちが晴れると思います」(30代・女性)などポッキーCMや同曲のビデオクリップ映像で見られるダンス振付けのイメージも大きく影響しているようです。

2位は、AKB48「ヘビーローテーション」。
2010年8月18日に発売されたAKB48の17作目のシングルです。

「最初の掛け声で憂鬱なんて吹き飛ばしてくれる。一気にハイテンションになれる曲です」(10代・女性)、「歌詞にも出てくる通りMAXハイテンションになれます」(30代・男性)など、前向きな歌詞が支持されています。
また、AKB48の曲は他にも5位に「ポニーテールとシュシュ」がランクインしています。


■五月病に効くうたランキング
 1位 :「じょいふる」いきものがかり(2009年)
 2位 :「ヘビーローテーション」AKB48(2010年)  
 3位 :「Happiness」嵐 (2007年)
 4位 :「It's My Life」YUI (2011年)
 5位 :「ポニーテールとシュシュ」AKB48(2010年)
 ※()内はCD発売年
 ※「レコチョク 音楽情報」では10位までを公開しています。
サイトURL:リンク

■投票の概要
 - 投票実施サイト:レコチョク 音楽情報(iモード/EZweb/Y!ケータイ)
 - 投票実施期間 :4月19日(火)~5月3日(火)の15日間
 - 有効回答数  :1,599票



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。